JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 372
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

24歳の娘がいわゆる不思議のアリス症候群(症状は物が小さく見える)が時々、多い時は週3回ぐらい出て心配しています。幼稚園から小学校低学年の頃にも症状が出ていたようですが、 私自身

解決済みの質問:

24歳の娘がいわゆる不思議のアリス症候群(症状は物が小さく見える)が時々、多い時は週3回ぐらい出て心配しています。幼稚園から小学校低学年の頃にも症状が出ていたようですが、
私自身 知識もなくそのままにしてしまいました。
これから先も続き、より症状が酷くなったりしたら困るので病院を受診させようと思いますが
神経内科で良いのでしょうか?
又、通称は不思議のアリス症候群と言われていますが、正確な病名は何という名前なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
正式な病名としても「不思議のアリス症候群」もしくは「アリス症候群」と言います。
ものが小さく見える場合は、「小視症」、大きく見える場合は「大視症」と言われています。
小児では、EBウイルス感染で見られる報告が多いとされています。
大人では、片頭痛持ちの方が多いようですが、その他にも、てんかん、統合失調症での報告などもあるようです。
神経内科での診察で良いと思いますので、一度受診されてみて下さい。
まずは、脳波、MRIなどの画像診断をしっかりとして、原因を追及する事が先決です。

追加のご質問は、遠慮なくどうぞ。
nou-no-moribitoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問