JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。私は外食恐怖症で悩んでいます。異性と食事をするのが苦手です。 ファストフードやフードコートなら大丈夫

解決済みの質問:

はじめまして。私は外食 恐怖症で悩んでいます。異性と食事をするのが苦手です。
ファストフードやフードコートなら大丈夫なことが多いのですが、かしこまったレストランや
隣の席との距離が近いと閉塞感を感じ症状が出てしまいます。
最近同じ悩みを持つ方がいらっしゃることを知り、少し気が楽になりましたが、異性と外食を
しなければならない時は前日から最悪のシチュエーションを頭に描いてしまい余計恐怖を
感じてしまいます。
お守り代わりに車酔いの薬と、吐き気を催した時のためにビニール袋を携帯しています。
食事は交流のきっかけになる第一歩なのに、外食恐怖症であるためにその一歩がなかなか
踏み出せないのです。実は、今日も異性と食事をすることになり、不安でたまりません。
本来食べることが大好きな分、楽しめないのがとても悲しく辛いです。今日の外食で少しでも
症状を軽減させるために、どのような気持ちで挑めば宜しいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

外食恐怖は会食恐怖とも呼ばれ、社交不安障害(SAD)という病気の症状です。

ご記載を拝読すると、相談者様は嘔吐恐怖も合併しているように思われます。

「どのような気持ちで挑めば宜しいでしょうか?」とのご質問ですが、SADの症状を「気持ちの持ちよう」や気合いや根性でコントロールするのは非常に困難です。

少し補足情報を下さい。

現在おいくつで、外食恐怖を発症されたのは何歳時でしょうか?

心療内科で治療を受けられるご意向はないのですか?

今日の日中、外食前に、医療機関を受診するお時間はありませんか?

お酒はお強い方でしょうか? お酒を飲むと外食時の緊張が緩んだことはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

現在36歳で、発症したきっかけは分かりませんが時期は10代後半の時です。心療内科に行こうと思うこともありますが、症状が出るのが異性との食事に限定されるため
ただの緊張なのかもと考えていました。今日は日中は仕事のため受診は難しいです。お酒は強い方で、多少リラックス出来ます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

SADは限定された状況で症状が出る疾患ですが、その限定された状況での行動が制限されるために社会生活全般に支障が及ぶことがあるため、治療の対象となります。

前述したように、治療には時間がかかるので、十数年もの病歴をおもちの相談者様が、今日の外食をたちどころに楽に過ごせるようになる気持ちの持っていき方は残念ながらありません。

通常、治療を受けられている患者様ならば、このような場合に短時間作用型(≒即効性のある)精神安定剤を服用することでかなりの程度、緊張を緩和することができます。

相談者様の場合それは出来ないわけですが、アルコールは、その代用になりえます。
即効性とある程度の効果が期待できるため、SADの患者様ではアルコール依存症になるリスクが高いことが知られているほどです。毎回使用するのは望ましくない方法ですが、今回、食事前に一杯ひっかけていくのはありうる対処法かもしれません。
以下のサイトで、民間療法的な対処も含めてSAD(≒対人恐怖)の解説がなされていますのでご参照ください。
http://www.fuanclinic.com/byouki/body4_4.htm

中長期的には、本格的に治療を受けられた方がいいと思います。
以下にSADのポータルサイトを2つお示しします。
両サイトとも、SADを診療可能な医療機関の検索が可能です。

【SAD(社会不安障害・社交不安障害)総合情報サイトSAD NET】
http://www.sad-net.jp/

【社交不安障害(SAD)情報サイト】
http://utsu.jp/sad/

SADの場合、公の場に出ると不安が高まる⇒そういう状況を回避するようになる⇒ますます人前に出ることが苦手になって、いざ冠婚葬祭などのやむを得ない事情で不特定多数の人と接触した場合に不安症状が強く出る⇒さらなる回避行動(たとえば退職、退学、引きもこり)に至る、という悪循環に陥りがちです。
重大な決断はいったんペンディングにして、一刻も早く精神科/心療内科受診をされるべきと愚考します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問