JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。お世話になります。 竹田と申します。帰国子女です。現在奈良に住んでおります。 先日、車の運転

解決済みの質問:

こんにちは。お世話になります。

竹田と申します。帰国子女です。現在奈良に住んでおります。

先日、車の運転中突然胸が苦しくなって、ドキドキして、全身の力を抜けたようになりまして、運転ができなくなったんです。あれから、病院に行って、心臓の検査をしましたが異常がないと先生が言われました。過呼吸じゃないかと言っていただきました。
でも 、今も毎日不安の気持ちがいっばいです。車の運転も怖くてできなくなりました。
毎日は病院からもらった「デパス」の薬を飲んでから仕事に行ってます。何か気持ちが楽にならなくて、夜も眠れないです。体の中は虫が入ってるみたい、さわさわしての一日です。
今まで、まったく体験がないことです。どこの病院にいけばいいかとわからないです。
教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
まだ、日本語が上手にできませんので、お許しください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

身体的に問題がないという前提で回答するならば、相談者様はパニック障害によるパニック発作を起こされた可能性が高いと考えます。

精神科(心療内科)を受診されるべきだと考えますが、ご抵抗がおありでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

こんにちは。


 


ご連絡有難うございました。


 


パニック発作はどんな病気でしょうか?治りますか?


日常生活には注意することがあれば是非教えてください。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

こんにちは。


 


ご連絡有難うございました。


 


パニック発作はどんな病気でしょうか?治りますか?


日常生活には注意することがあれば是非教えてください。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

パニック発作はパニック障害の症状の一つです。
病名としてはパニック障害が疑われます。

「パニック発作はどんな病気でしょうか?」というご質問に関しては、ネットで検索すれば情報は得られます。以下のサイトの情報は医学的にも正確に記載されていますので、ご参照ください。
http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_mental/mental_002/mdcl_info.html

パニック障害は、初期に正しい治療を行えば治る病気です。症状が軽い方なら3~6ヶ月ほどで症状が無くなり、行動範囲の制限も無くなるでしょう。

治療は薬物療法と、行動療法と呼ばれる精神療法の併用が標準的です。
まず薬物療法でパニック発作を抑制し、平素は発作が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬と精神安定剤(デパスはこれに含まれます)の併用で開始し、SSRIを増量しつつ、次第に安定剤を頓服薬にするなどして減らしていきます。
SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、不安を消褪させると考えられています。

行動療法は、パニック発作が起こりやすい状況に自分の身をさらして、少しずつ気持ちを慣らしていき、その状況(相談者様であれば車の運転)に対する恐怖心を減らしていき、最後には0にすることを目指す治療です。
従いまして「日常生活には注意すること」は、パニック発作を恐れて行動範囲を狭めないようにすることなのですが、まだ薬物療法が十分には行われていませんので、今は安静を心がけて、これ以上の悪化を防ぐことに専念され、精神科・心療内科を受診されるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問