JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10年前より座骨神経痛(太もも外側神経に激痛、ふくらはぎがしびれ歩行困難になる) で病院に通院していた(点滴及びブロック注射3回)が23年4月MRI

解決済みの質問:

10年前より座骨神経痛(太もも外側神経に激痛、ふくらはぎがしびれ歩行困難になる)
で病院に通院していた(点滴及びブロック注射3回)が23年4月MRI の結果脊椎管
腰骨3.4.5が狭窄と診断手術を受けました。リハビリで上記症状はでなくなりましたが
24年12月頃より右足太股外側と内側リンパ腺の中側の筋があぐらをかくと痛み右足がくめない状態です。又散歩で500mぐらい歩くと右太股外側骨盤の出口あたりに鈍痛が
出て散歩も出来ない症状は日増しに悪くなる状態です。左右のふくらはぎがだるい(夜むずむずする)足に力が入らない。
又24年12月進行性核上性麻痺の疑い(初動でアイがすくむ)と診断され現在通院してますが足の痛みやだるいのとの関連は有りますか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

進行性核上性麻痺はパーキンソン病の近縁疾患で、運動障害を主徴とし、感覚障害は起こりません。

従いまして、これまでの経過から、「足の痛みやだるいの」は脊柱管狭窄症の症状である可能性が高いと考えられます。

脊柱管狭窄症に対して、主治医から手術治療を勧められたことはありませんか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


24年9月頃MRI の結果脊椎管手術の結果は問題なし


25年3月脊椎管のX線写真の結果正常であり何で痛みが出るの解らないと言われる

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

「23年4月MRI の結果脊椎管 腰骨3.4.5が狭窄と診断手術を受け」たわけですよね?

 

今年に入ってからはMRI検査は受けられていないのですか?

 

また、「25年度ブロック注射4回ほとんど効果なし」とのことですが、これは整形外科で受けられたものですか?

痛みに対してペインクリニックの受診は勧められていないのでしょうか?

 

また、持病や常用薬があれば教えて下さい。

 

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

25年はMRI未実施です
ブロック注射は手術した整形外科でやりました


ペインクリニックの受診は勧めめられていません担当医に此処が痛いと説明はしています

質問者: 返答済み 4 年 前.

25年はMRI未実施です
ブロック注射は手術した整形外科でやりました


ペインクリニックの受診は勧めめられていません担当医に此処が痛いと説明はしています

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

2つの選択肢があると思います。

 

①他の整形外科(脊椎・脊髄の専門医)でセカンドオピニオンを受ける

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。本当に腰椎に問題があって痛みが起きているのではないのかを確認されるために、脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

 

②痛みの原因は不明のままペインクリニックで除痛のための治療を受ける。

ブロック注射にも色々な方法がありますし、痛みの専門家である麻酔科医はさまざまな鎮痛の方法を習得しています。
以下のサイトから、日本ペインクリニック学会認定の専門医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

ただし、専門医の資格をもっていても、手術も麻酔だけしてペインクリニシャンとしての活動をしていない医師もいますので事前に電話等で確認されることをお勧めします。


【日本ペインクリニック学会専門医】

https://www.jspc.gr.jp/member/prefectureselect.php?select_type=authorized

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


本年通院病院よりセカンドオピニオンとして、有る脊椎専門病院への紹介状を書いて貰いX線写真を持参いきましたが、之は手術した病院で見て貰えと問診だけで返されました。


私は木更津市ですので貴病院が近いので亀田病院に行く予定です。


が問診だけで返されることはないですね。又予約が必要ですか・


一般外来でも受診出来ますか。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

原則的には、前回行われたように、紹介状を作成してもらって、予約して受診されることをお勧めいたします。

http://aquablue.littlestar.jp/bekkan/opinion.htm

 

問診だけで返されてしまうかどうかは診察する医師の方針次第だと思います。

日本ではまだ、セカンドオピニオンが一般的になっていない部分がございますので、セカンドオピニオンを依頼された側の対応も一様ではないのが現実です。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問