JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

nou-no-moribitoに今すぐ質問する

nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 36
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

義父がパニック障害を発症して、9年ほどになります。 治療は投薬ですが、カウンセリングなどは薬が無くなった時に数分間

質問者の質問

義父がパニック障害を発症して、9年ほどになります。
治療は投薬ですが、カウンセリングなどは薬が無くなった時に数分間程度で、きちんとしたカウンセリングは受けていないようです。
発症時は、電車に乗れない、一人で出歩けない、などの症状がありましたが、現在はそう言った症状はありません。
睡眠薬を処方されておりますが、主治医から飲んですぐ布団へ横になるように指示されておりますが、横にな らずイスに座ったまま眠ってしまいます。
横になるよう家族で促しても、横にならず時にはケンカが始まってしまいます。
食卓で寝てしまうので、コップが落ちて割れていたり、タバコを床に落として焦がしてしまったりと、何かあってからでは遅いのですが言う事を聞いてもらえず義母や義妹、夫も困っています。
1番困っているのは、義母です。義母も更年期の症状があり体調が優れない日もあります。
義父のパニック障害について、出来る限り義母は義父の事を気にかけておりますが、ここ2,3年前から精神的にきつい、と漏らすようになりました。
本日も義母が「カフェインの取り過ぎは良くないから減らした方が良いみたいよ」と話したそうですが、いきなり切れ初めてしまいケンカになってしまったそうです。
このままでは、義父の事を本当に嫌いになってしまいそうだ、と義母は言います。
家族で話をしておりましても、性格なのか病気が原因なのか、義父との会話は家族を傷つける言葉が目立ちます。
義父は義母に対し、同じ価値観、同じものを楽しめ等、自分と同じでなければならないと言う発言が目立ちます。
このままでは、義母が精神的に参ってしまうのが早いか、家族が離散してしまうのが早いかっとなってしまいそうです。
現在の主治医がおりますが、少しでも病気を良い方へ向けていくには、どのような行動が必要でしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読いたしますに、ご家族が困られているのは、お義父様のパニック障害の症状ではなく、お義父様の性格の問題であるようですが、相談者様としては、例えば、「主治医から(睡眠薬を)飲んですぐ布団へ横になるように指示されておりますが、横にな らずイスに座ったまま眠って」しまうことがパニック障害の症状だとお考えなのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

おはようございます。


お返事、ありがとうございます。


 


仰る通り、義父の性格の部分に困っている部分が多いと思います。


横にならず、イスで寝てしまう云々等に関しては、パニック障害の症状だとは思っていません。


ただ、そう言った行動に対し家族が何かしら言いますと、「俺は病気なんだ、仕方がないだろう」と言います。


また、義母に自分と同じ事をする(例えば音楽を聴くなど)を強要しますが、それを家事等で忙しいので断ると、同様の言葉が返ってきます。


義母も忙しくない時は、一緒にできるだけ楽しんだりしておりますが、たまに断ると切れてしまいます。


 


パニック障害を患っている義父に対し、良くない事は良くないと行動や言動に関して家族が言いますと、病気を理由にちゃんと話をしてくれません。


書籍等を読む限りでは、私自身は性格だと思うのですが、義母はどこまで言って良いのか、夫婦の会話や家族の会話が出来ないと言います。


また、義母との会話中、切れてしまうとコップを投げたり、手が飛んできたりするそうです。


義母に実際にそれらが当たった事は無いそうですが、よけ損なったら確実に当たるだろうねっとも言っております。


 


「俺の事をゴミの日に出したいんだろう」


「息子、娘は俺の事が嫌いだ」


「自決してやる」


などと明らかに自分自身が悪く、家族にそれを咎められるとこう言った発言をします。


最終的には病気のせいだ、と言いますが・・・。


 


これらは、パニック障害の症状とは言えないと思うのです。


しかしながら、専門医から私は説明を受けた事も無いので、間違っているかもしれません。


これが義父の性格に問題があるとしても、義父本人が病気のせいにしてしまっている事をどう改善していく事が良いのか分かりません。


義両親から話を聞いている分には、パニック障害の症状が出ているのは月に1回あるかないかです。


就寝中に目覚め嘔吐したり、電車に乗る事が無理な時があります。


薬を服用しているので、ほとんど発作は起きていない状態だと本人も言っております。


気分の浮き沈みが激しいので、別の病気も併発しているのだろうかと思う気持ちもあります。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

ただ、背景を教えていただくほど、問題はパニック障害によるものではないように思えてまいります。

「治療は投薬ですが、カウンセリングなどは薬が無くなった時に数分間程度で、きちんとしたカウンセリングは受けていないようです」とのことですが、これは日本の精神医学の現状においては標準的な治療です。 「パニック障害の症状が出ているのは月に1回あるかないか」の患者様に心理療法は行われません。

 

お義父様の現在の言動は、もともと(パニック障害発症前)の性格からは想像もつかないようなものなのでしょうか。

 

もしもお義父様の性格が変化してのであれば、それはいつ頃からでしょうか。

 

お義父様は現在おいくつですか?

 

お義父様に持病や常用薬があれば教えて下さい。

 

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返信、ありがとうございます。


 


義父の現在の性格ですが、10年以上前はもっと気性が荒かったそうです。


義父の父が亡くなってパニック障害を発症したのが9年前です。


そこから、気性が荒かったのが随分落ち着いた、と聞いています。


落ち着いた、と言うのは、暴力的な事がほぼ無くなった、との事です。


現在は、言動がおかしい部分が多々あります。


辻褄が合わないと言いますか、話があっちこっちに飛ぶと言いますか。


人により度合いは違うとは思うのですが、家族の一言で急に切れたり、落ち込んだりします。


そのような場に居合わせた時、私自身はそこまで?と思う事が多々あります。


こうゆう言い方は語弊があるかもしれませんが、何かおかしいと感じます。


 


義父は今年52歳になります。


持病は糖尿病を患っています。薬の名前までは分かりませんが、血糖を下げる薬などを服用しています。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

現在お義父様が服用されている全てのお薬の名前と、それぞれの1日量はおわかりでしょうか?

 

血糖値のコントロールはどれくらいできているのでしょう。空腹時血糖値とHgA1cがわかるとありがたいのですが。

 

近年、お義父様は頭部MRI検査を受けられたことがあるでしょうか。もしくは、受けることに同意されると思われますか?

 

糖尿病による動脈硬化、それを基盤にした脳血管性認知症、向精神薬の副作用としての脱抑制などを疑っています。

 

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    13
    国立大学病院神経科精神科にて勤務経験あり
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2775
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    310
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

神経科 についての関連する質問