JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 370
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

4才の子供ですが、最初、咳がひどくなり熱も38度あったので 小児科で見てもらったら、風邪と言われ、薬をもらい家で様

解決済みの質問:

4才の子供ですが、最初、咳がひどくなり熱も38度あったので
小児科で見てもらったら、風邪と言われ、薬をもらい家で様子を、
見てました、そしたら二日後ぐらいの朝に、お母さん立てない
と子供が言ったのでびっくりしてすぐに同じ小児科に行き見てもらうと
ここでは、わからないので、紹介された総合病院に行って見てもらうと
レントゲンでマイコプラズマ肺炎があることが分かり抗生物質の薬で
3日後に熱つも下が り、咳も治りマイコプラズマは、治りましたといわれました、でも
この3日の間に言葉もはっきり言えなくなり言語障害(言葉に空気が混じったしゃべり方)
になってしまいました。(上唇があがっている)
ここの後、MRIで頭を検査してもらいましたが、異常は無いので今度は、脊髄を検査しようと
言われ、今は、MRI検査待ちの状態です

今の子供の現状としては、上記の立てない歩けない、言葉に障害がある等です。
何か原因でこうなったのかわかりません。
先生たちの、経験などで考えられる原因があれば、教えてください
子供が心配でたまりません、宜しくお願いします。
病院に入院してから10日になります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
マイコプラスマ肺炎の後に、ギランバレー症候群を引き起こすことが報告されております。

症状の程度は様々ですが、運動神経の障害が主で初発症状は下肢の筋力低下から起こることが多いようです。その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢の麻痺は、遠位筋に強く現れます。呼吸筋の麻痺が起こると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがあります。運動神経の障害が主ですが、軽度の感覚障害も起こします。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多いようです。

その他、両側性の顔面神経麻痺や外眼筋障害などといった脳神経症状や、構音障害や嚥下障害などの球麻痺症状、自律神経障害を伴うことがあります。自律神経障害は突然死の原因となり、麻痺による長期臥床は肺梗塞の原因となりいずれも致死的であり注意が必要です。

顔面神経が約50%くらい見られますので、そのために上口唇があがって見えるのかもしれません。

 

nou-no-moribitoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問