JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 20年ほど前から人前で字を書くときに手が痙攣した状態になり、字が書けなくなってしまいます。又、宴会

解決済みの質問:

はじめまして。
20年ほど前から人前で字を書くときに手が痙攣した状態になり、字が書けなくなってしまいます。又、宴会等でビール瓶やコップを持つ時手が震えます。精神的にはそれほど緊張しているとは思わないのですが、確かに心臓はバクバクしています。
ソラナックスやアルセノール、漢方薬など処方され服用していますが全くといっていいほど
効果がありません。首や肩は凝っていますが原因もわからず途方にくれています。
何かご教示いただければ幸いに存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

「ソラナックスやアルセノール、漢方薬など」は、心療内科からの処方でしょうか?

上記薬剤を処方している医師からはどのような診断を受けられていますか?

主治医のおおよそのご年齢を教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


ソラナックス、アルセノールは心療内科医からの処方で、仕事上のストレスや


不安からくる精神的なものとのことでした。医師は40才~50才位だと思います。


漢方薬は70才以上の漢方専門医で抑肝散加陳皮半夏でした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

主治医のご年齢をお聞きしたのは、精神科医(≒心療内科医)の8割はヤブで、一般に、年齢が上がるほどヤブ率が高くなるからです。
「精神科といえば一生入院」「精神科の病気は治らない」が当たり前だった頃に教育を受けた精神科医は、その後に自己研鑽を積んでいない限りは、そのマインドセットから脱け出せていないことがほとんどです。

相談者様の診断は社交不安障害(SAD)だと考えます。
以下のサイトをご覧になってみて下さい。ご自身に当てはまる症状が列挙されていませんか?
「SADチェックシート」もサイト内にありますので、それを施行して結果を教えていただけないでしょうか。

【SAD NET】
http://www.sad-net.jp/
質問者: 返答済み 4 年 前.

結果点は22点でした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

行っていただいたチェックシートは、Liebowitz Social Anxiety Scale 日本語版(LSAS-J)をもとに作成されたもので、30点以上でSADの可能性ありと判定されますから、相談者様はこれに当てはまらないことになります。

次に考えられるのは、「人前で字を書くときに手が痙攣した状態になり、字が書けなくなってしま」うという症状から「書痙」です。
http://www.miwaclinic.net/Focal-Dystonia.html

首や肩が凝るのも、筋肉の異常な緊張の影響である可能性が高いと考えます。
かつては書痙は精神的なものからくるヒステリーのようなものであると見做されていましたが、現在では、神経疾患であるジストニアの一種であることがわかっています。
http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/506.html

よって、ソラナックスのような精神安定剤が効く病態ではありません。
現在、書痙に対して行われる治療は、抗パーキンソン病薬の服用の他、ボツリヌス毒素の局所注射などが行われます。

心療内科ではなく、神経内科を受診されることをお勧めいたします。
以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問