JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学校一年生の娘の事で相談をお願いします。 とても忘れ物が多く持って行く事も持って帰る事もよく忘れてしまいます。

質問者の質問

小学校一年生の娘の事で相談をお願いします。
とても忘れ物が多く持って行く事も持って帰る事もよく忘れてしまいます。
学校のテストでも問題を飛ばしてることもあるし簡単なミスをよくしてもう一度見直しをするようにと先生からもよく指摘されます。
毎日注意しているのですがなかなか改善されません。
アドバイスをお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院では児童・思春期外来を担当していました。

「神経科 精神科」カテゴリに投稿されていますから、「アドバイスをお願いします」と仰っているのは、躾レベルのアドバイスを求められているのではないと理解いたしますが、この理解は正しいでしょうか?

例えば、ADHD(注意欠陥多動性障害)、学習障害などを疑われてのご相談でしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

ADHDや学習障害なのかただの注意不測なのか判断できず悩んでいます。


ちなみに娘は早産の34週で低体重の2198グラムでした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

追加で質問させて下さい。

この件について、学校の担任の教師と相談はされていますか?

お嬢様ご自身は忘れ物が多いこと、テストでケアレスミスが多いこと、「毎日注意」されることについてはどのように考えているご様子でしょうか。ご本人も困っているようですか?

お嬢様はお友達は多いほうでしょうか? ご友人とのトラブルなどはありませんか?

低体重で生まれたとのことですが、その後の乳幼児健診で、言葉の遅れや発達の偏りを指摘されたことはありますか?

お嬢様が通われている学校にスクールカウンセラーはいますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

担任の先生にははっきりとは相談していません。
学校などでお会いしたときに忘れ物が多いことと机などの片づけが出来ていないことの指摘をよく受けます。


 


本人には毎日の用に注意しているのですが口では「この次は気をつける」といいながらもやはり忘れ物をしています。


友達はいますが一緒に公園などにいても一人で遊んでいる姿もみます。


 


言葉などの発達の遅れはありませんでしたが歩いたり立ったりする事は遅かったです。


 


スクールカウンセラーの先生は月に一度来られるようで前もって予約が必要です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

月1回しか学校に来られず、要予約では、スクールカウンセラーは利用しにくいですね。

昨今は学校の教師の方々もADHDや学習障害といった病態についてある程度の知識を持たれていますし、経験から、お嬢様の忘れ物やケアレスミスが同年代の児童の標準から大きく外れたものかどうか、ある程度判断可能ではないかと考えます。

ご記載を拝読しても、性格的な問題なのか、それが矯正可能なものなのかどうか、もしくはADHDのような基盤があるものなのか、判断に迷うところですから、まず担任教師の見解を聞かれるべきでしょう。
もしも、担任教師も何らかの医学的対処の必要性を感じておられるようなら、
児童相談所を利用されてみることをお勧めします。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************
以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問