JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2年ほど前から動悸が突然就寝中に起きて160拍以上になり救急で搬送されましたが心電図や血圧にも特別異常がなく但し下の

解決済みの質問:

2年ほど前から動悸が突然就寝中に起きて160拍以上になり救急で搬送されましたが心電図や血圧にも特別異常がなく但し下の血圧は95ぐらいに上がる時もありしばらく軽 めの血圧の薬を使用しました。3ヶ月ぐらいで血圧も安定し薬も使用をやめていましたが、時々脈拍が早くなることは収まりませんでした。2日前に右胸が火箸で刺される様に痛くなり今度は就寝中ではなく日中に動機が激しくなり病院へ行きました。この時も心電図と血圧には以上がありませんでした。右胸の痛みが続き今は右腕(裏)に痛みが移ってきました。ネットで見ると心因性の可能性もあるのかと思いご相談をさせていただきます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

 

 

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

相談者様がお困りの症状が心因性の......精神医学的な問題であるという前提で回答させていただきます。

 

相談者様のきたされている症状は、その性状から、パニック発作である可能性が高く、睡眠中に起こることから、「睡眠時パニック発作(sleep panic)」と呼ばれるものであると考えられます。

 

【睡眠時パニック発作】

http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_52.htm

http://www.coogle.jp/panikusyougai.html

 

一般的なパニック発作の治療が有効ですから、できれば心電図検査をしてもらった医師に紹介状を作成してもらい、精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

*****************************************
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)におけるパニック発作の診断基準を以下にお示ししておきます。
本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。
強い恐怖または不快を感じるはっきり他と区別ができる期間で、そのとき、以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が突然に発現し、10分以内にその頂点に達する。
 (1) 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
 (2) 発汗
 (3) 身震いまたは震え
 (4) 息切れ感または息苦しさ
 (5) 窒息感
 (6) 胸痛または胸部の不快感
 (7) 嘔気または腹部の不快感
 (8) めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
 (9) 現実感消失(現実でない感じ)または離人症状(自分自身から離れている)
 (10) コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
 (11) 死ぬことに対する恐怖
 (12) 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
 (13) 冷感または熱感

質問者: 返答済み 4 年 前.

睡眠時に発生して2時間程度の時間がかかって動悸が収まります。この時は血圧も不安定で高い状態で上下します。収まったあとは手足がだるく多少の震えもあります。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

パニック発作であるという前提でお答えするならば、矛盾する所見ではありません。

 

ただし、何度も「前提」という言葉を使用させていただいているのは、相談者様の症状が発作性不整脈だとしても矛盾しないからです。

http://www.kt.rim.or.jp/~atomiya/hinmyaku.html

精神科・心療内科受診の際に紹介状を持参することをお勧めしたのもそれが理由です。

我々としては、心臓に何もないことが担保されていないと治療ができないからです。

 

従いまして、いちど大きな循環器内科で検査を受けられ、心臓に問題が無いことを確認した後に、循環器的に問題がないことが確認されたら精神科的な病態を疑って精神科・心療内科を受診されるのがよろしいかと存じます。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問