JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 脳神経外科専門医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 372
経験:  国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
70641304
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

頭痛についての質問です。 35年くらい前からひどい頭痛に悩まされています。 記帳型頭痛は、肩、首、背中、腰、お尻

解決済みの質問:

頭痛についての質問です。
35年くらい前からひどい頭痛に悩まされていま す。
記帳型頭痛は、肩、首、背中、腰、お尻、頭とすべてががちがちにこっています。
また、偏頭痛も併せ持っているということが、20年ほど前にわかり、胃のむかむか、本当にひどいとき年に4、5回は、イミグランも効かないほど(吐き戻すので)、トイレで倒れこんだりもします。
 毎日、カフェイン入りの鎮痛剤を5、6回、薬の飲みすぎでの頭痛となっていることはわかっています。
病院ではカロナールなどのカフェインなしを勧められますが、効かないように思います。つい、いつもの薬を服用するのが当たり前になっています。
 偏頭痛は、私の場合、光などでの前触れはありません。朝、起きたらもう頭痛、起きた時なくても、すぐ頭痛という感じです。緊張性だけの時より、重く、吐き気がします。大雨の日に、車から飛び降りて、吐いたこともあります。
イミグランをもらっていますが、月に何個と決められているので、とても足りません。
 頸椎の4,5番目が落ち込んでいる、後ろには、曲線でそるが、うつむいたときは、直線で顎が曲がっているとレントゲンで言われたこともあります。
脳ドッグでは、異常なし。東京にまで行って、2、3か月の入院となりましたが、相手方のミスでかないませんでした。まず、薬を飲むのを止めたいのですが、できません。仕事も辞め、精神的ストレスや緊張からは逃れられましたが、頭痛はかわりません。10年ほど前からうつ症状もあり、薬は、多種類飲んでいて、少しでも、減らしたいのです。私の鬱は、体の痛みです。体重は減りましたが、今は取り戻しています。
自律神経などいろいろなからみもあるのですが、この頭痛、辛くて治したいのです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.

長期にわたる頭痛で悩まされさぞ、お困りの事と存じます。
はっきり申し上げて、ご自身でもお気づきの如く、「薬物乱用頭痛」が最も考えられます。
少し長くなりますが、記載しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
薬物乱用頭痛(MOH)の診断基準(付録基準)

  • A. 頭痛は1 ヵ月に15 日以上存在する。
    B. NSAIDs(消炎鎮痛剤)・エルゴタミン製剤・トリプタン系薬剤・オピオイ ドのうち1 種類以上の急性期・対症的治療薬を3 ヵ月を超えて定期的に乱用 している。
    • 1. 3 ヵ月を超えて、定期的に1 ヵ月に10 日以上エルゴタミン製剤、トリプタン系薬剤、オピオイドまたは複合鎮痛薬を使用している。
      2. 単一成分の鎮痛薬、あるいは、単一では乱用には該当しないエルゴタミン、トリプタン系薬剤、オピオイドのいずれかの組み合わせで合計月に15 日以上
      の頻度で3 ヵ月を超えて使用している。
    C. 頭痛は薬物乱用により出現したか、著明に悪化している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薬物乱用頭痛の治療としては、
  • ①起因薬剤の中止、
  • ②薬剤投与中止後の反跳頭痛に対する治療および
  • ③頭痛に対する予防薬投与、

 

 

の3つが大きな柱となります。

①起因薬剤の中止
起因薬剤は即時的に中止することが理想であるが、現実的には困難なことも多く、漸減しながら中止する方法が とられることも多い。即時的に中止した場合は、頭痛の増悪に加え悪心・嘔吐・血圧低下・頻脈・睡眠障害などが出現する場合もある。症状が強い症例では入院 し、輸液・制吐剤や鎮静剤の投与が必要となることもある。
②起因薬剤投与中止後の反跳頭痛に対する治療
反跳頭痛は起因薬剤以外の薬剤を用いて治療を行う。鎮痛剤やエルゴタミン製剤が起因薬剤の場合はトリプタン系薬剤 (スマトリプタン皮下注など)を、トリプタン系薬剤が起因薬剤の場合はナプロキセンなどのNSAIDs を用いる。これらの治療に不応の場合は、ステロイド投与も考慮する。反跳頭痛や退薬症状は、薬剤中止後2~10 日間程度続くことが多い。トリプタン系薬剤によるMOH では、これらの症状が比較的早く消退するのが特徴である
③予防薬投与
薬物乱用頭痛の基礎疾患が片頭痛である場合にはロメリジンやプロプラノロールを、緊張型頭痛である場合には チザニジンを用いる場合が多い。このほかアミトリプチリン、バルプロ酸、トピラマートおよびガバペンチンなどが予防薬として使用されることが多い。なおこ れらの薬剤のなかでロメリジン以外は適応外の使用となる。
予防薬の投与と同時に、頭痛薬の使用量や使用回数の制限を徹底させることも必要である。
  • エルゴタミン酒石酸塩は、1回量を4mg にとどめて、1週間に2 回まで、1ヵ月使用量20 mg が目安である。
  • トリプタン系薬剤は1ヵ月に10 回以下
の使用を目標にする。

 



以上です。

一度、頭痛外来を専門にしているところを探されて、受診される事をおすすめ申し上げます。

面倒がらずに是非、受診してみて下さいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。


私は、田舎に住んでいますので頭痛外来、頭痛専門という病院はあまりなく薬を出していただくだけで通っていました。


 


最近、脳神経外科の新しいところができましたので、期待をもって先日生き始めたところです。


しかし、本来は薬の乱用と運動不足による体のコリ、ストレスという自分に起因するところが大きいと思います。


 先生から回答をいただいてから、本来は2包は飲んでいる薬を気を紛らわせ、のんでいません。


 自分に甘いところが多々ありました。


本当に辛いとき以外は飲まないよう、また新たな先生とも相談しながら少しずつでも治していければと思います。


 


この回答は、新しい病院での相談に使わせていただいてもよろしいでしょうか。


 


ありがとうございました。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
はい、回答をご自由にご利用下さい。
nou-no-moribitoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問