JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

娘ですが、先日(1/31)精神科に統合失調症の疑いで入院しました。治療の過程が良く判らなくて質問します。薬の投与を初

質問者の質問

娘ですが、先日(1/31)精神科に統合失調症の疑いで入院しました。治療の過程が良く判らなくて質問します。薬の投与を初めてから、今週初めに早めの治療をと言われて薬の量が増えたのですが、今週から娘が立って居てふらふらすると言ったり、異常な行動が目立ち 始めています。薬の影響かわからないのですが、症状が悪化した様にも見えます。治療の過程でこの様な症状が出るのか?薬が効いていないので症状が悪化したのか良く判りません。治療としてはどういう過程を得て治療していくものなのでしょうか?薬の量を増やしたり、種類を替えてどう改善されて効いていると判断できるのか?教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご質問が漠然としていますので、ひとつずつ回答します。

統合失調症は抗精神病薬と分類されるお薬によっ て治療されますが、これらのお薬は副作用が強く、ふらつきもそのひとつです。少しずつ増やしていけば防ぐことができる副作用ですが、お嬢様のように病状が悪く、早いペースで増量しなければならない場合にはしばしばふらつきが起こります。

抗精神病薬を服用していてなお精神症状が悪くなるのは、抗精神病薬の量が足りないか、その患者様にその抗精神病薬が合っていないかです(精神科のお薬にはそうした「相性」のようなものが時に見られます)。
「精神科の薬なんて飲んだら却って頭がおかしくなる」という俗説はよく聞かされますが、医学的には正しくありません。

お嬢様が統合失調症の標準的な治療を受けられているとすれば、通常は抗精神病薬を開始量から開始して、統合失調症の症状が消失するか、そのお薬の副作用に耐えられなくなるか、お薬の承認最高用量までその抗精神病薬を増量します。
無効だった場合は、その抗精神病薬を止めて、他の系統の抗精神病薬で同じように治療を試みます。
目安はあくまでも統合失調症の症状です。

今回のようなご相談の内容については、通常は主治医から説明がなされた後で治療が開始されます。
また、疑問があれば実際にお嬢様を診察している主治医に聞かれるのがもっとも確実です。

主治医からはどのような治療方針を示されていますか?
コミュニケーションがとりづらい主治医なのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
ご質問に関しても、特に後半部分について具体的に何を懸念されているのかを教えていただけないでしょうか。
※ご返信のタイミングによっては回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

主治医からの治療方針としては、エビリファイを投与して一種間位は様子をみて薬の効きぐあいを見ながら2から3ヶ月位の入院を考えていきましょうと話をしました。しかし、はじめの一週間は隔離病棟の個室に入っての治療で、他の部屋での患者の声が大きく本人に負担になっているのではと心配している時に、 個室で水をまき自分の服で掃除をする行動をしたり、共同の部屋で窓の網戸を勝手に外そうとして、中々今いる部屋から大部屋へ移動されない状態です。その為に、昨日からジプレキサの投与に薬を変更されて、夜はベジレルを飲んで睡眠をしっかり取る対応になっています。今いる環境が娘に悪くないのか?一般的にこのような手探り状態での治療がしばし続くのか?はっきりしないので不安です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

どの患者様の治療におきましても、ある程度の試行錯誤は不可避です。
前述の「相性」の問題があるからですし、同じ統合失調症と診断が付いていても症状の現れ方が様々ですから、「幻聴が無くなったから改善した」といったように単純に評価ができないためでもあります。

お嬢様の場合、ご記載を拝読する限り、緊張型か破瓜型の統合失調症のようです。
http://www.saigonweb.net/cat3/

妄想型の患者様に比べてコミュニケーションがとりにくく行動が読みにくいので、精神療法的なアプローチが取りづらく、どうしても薬物療法中心の治療にならざるをえませんし、刺激に弱く、また他患への刺激になりますので、初期治療は慎重にならざるをえません。

2~3ヶ月の入院治療という計画は現実的だと思いますし、現在の治療環境がお嬢様に摂って不適切なものだとも思われません。
治療が進まない時はあれが良くないのではないか、これが悪いのではないか、と考えてしまいがちですし、それはご家族の立場として無理からぬことですが、精神科疾患の治療のペースは週単位、月単位で進むものですから、不安ではありましょうが、現時点では主治医にお任せするお心もちでおられた方がよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問