JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

71 歳の男でこの3ヶ月間に4回失神をしました。多摩医療センターでMRIとホルダー心電図・超音波の検査をしましたが原

解決済みの質問:

71 歳の男でこの3ヶ月間に4回失神をしました。多摩医療センターでMRIとホルダー心電図・超音波の検査をしましたが原因がわかりません。12月21日に循環器科の先生から異常がありませんといわれたその日の午後に失神しました。共通しているのは、倒れる直前に吐き気を感ずるむかつき感があります。
仕事は現役で通勤に車通勤をしていますので一刻も速く原因を教えていただき治療したいと願っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

まず、初めに、相談者様の失神が、発作性不整脈によるものである可能性は現時点でも否定はできないことを申し上げておきます。

少し補足情報を下さい。

ホルター心電図装着中に失神は起きたのでしょうか?

循環器科の診察医からは、カテーテルを用いた心臓電気生理学的検査の必要性は示されませんでしたか?

失神時 、転倒によって怪我はされないのでしょうか。

持病や常用薬があれば教えて下さい。

精神科・神経科カテゴリへのご質問ですが、これは失神が精神的なものである、もしくはてんかん性のものである可能性を循環器科医から示唆されたからですか? 脳外科等は紹介されなかったのでしょうか。

相談者様とこの71歳男性は同一人物ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
装着している時は発作はなし。
循環器科の先生からカテーテルの検査はの指示はありませんでした。転倒時はいずれも怪我はありません。
持病は高血圧症と痛風の薬(バップフォー.サロベール)を10年以上服用しています。血圧は平均140ー85位です。尿酸値は6位です。
てんかんの検査は五年前に受けて以上ありませんでした。
同一人物です
質問者: 返答済み 4 年 前.
装着している時は発作はなし。
循環器科の先生からカテーテルの検査はの指示はありませんでした。転倒時はいずれも怪我はありません。
持病は高血圧症と痛風の薬(アバプロ・サロベール)を10年以上服用しています。血圧は平均140ー85位です。尿酸値は6位です。
てんかんの検査は五年前に受けて異常ありませんでした。
同一人物です

薬の名前を間違えました。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

回答を二部に分けさせていただきます。

まず、相談者様が呈されている失神が不整脈によるものであるという前提で回答するならば、これは、大きな事故に繋がりかねない、致死性のもので、絶対に治療が必要な不整脈であると言えます。

このタイプの発作性不整脈は数ヶ月に1度だけ、急に発症する場合があり、その瞬間を心電図で捉えることが難しいため、診断が難しいことは確かですが、臨床症状から頻脈性不整脈による失神が疑われる場合、侵襲的ではありますが、確実に不整脈を捉え、治療に繋げるための検査を行う必要があります。

具体的には、心臓電気生理学的検査(EPS)を行う必要があります。
EPSは、電極カテーテルという細く柔らかい管を下肢および上肢の血管から心臓内に挿入し、心臓の中のいろいろな場所の心電図を記録しながら電極カテーテルを通して心臓を電気的に刺激する検査です。
これによって不整脈が再現された場合、その、間違った電気信号を送り出す部分を焼き切る手術(アブレーション)が行われます。

通常、こうした検査(と治療が同時に行われます)は、大学病院クラスの循環器内科で行われています。相談者様を診察した循環器科医がなぜそうした専門施設を紹介しなかったのかはわかりかねますが、命に関わることですので、然るべき医療機関を受診されることをお勧めいたします。
例:
http://hospital.ncvc.go.jp/section/a001/a001-d1.html
http://www.med.nihon-u.ac.jp/hospital/itabashi/topix_shinryo/junkanki/index.html
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
次に、脳神経系に問題があることを前提とした場合ですが、実のところ、これはあまり起こるものではありません。
もっとも当てはまりそうなのはてんかんですが、相談者様のご年齢になって純粋なてんかんを新たに発症することはありませんし、脳腫瘍などに伴う二次性のてんかんも、今回MRI検査を受けられていますから否定的でしょう。

日本循環器学会が公表している「失神の診断・治療ガイドライン」によれば、失神の原因となる 神経性の疾患は、起立性低血圧、神経調節性失神、状況失神、等々、すべて脳とは関係が無い、自律神経系のものばかりです。

【失神の診断・治療ガイドライン】
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_inoue_d.pdf

そして、これらも、基本的には循環器内科で検査・診断・治療が行われる疾患です。
相談者様の場合、「倒れる直前に吐き気を感ずるむかつき感」を感じられることから、神経調節性失神の可能性が高いと考えます。

【神経調節性失神】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10611100.html

診断を付けるためには、循環器内科におけるヘッドアップチルト試験という検査が必要です。


ということですので、いずれにせよ、専門性が高い循環器内科を受診される必要がございます(多摩総合医療センターのレベルが低いとは思われないのですが……)。
下記のサイトから、日本循環器学会認定認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務していて、通いやすい場所にある大き目の医療機関を探していただければ、レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本循環器学会認定 循環器専門医名簿】
http://www.j-circ.or.jp/information/senmoni/kensaku/senmoni_kensaku.htm

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問