JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

66歳の主人の事でお伺いします。突然首の痛みを訴え、病院で診てもらった所、神経の通っている 脊髄の内側の枯渇の為の

解決済みの質問:

66歳の主人の事でお伺いします。突然首の痛みを訴え、病院で診てもらった所、神経の通っている
脊髄の内側の枯渇の為の傷みらしく、手術しか方法が無いと言われ、年明け早々に首の骨の状態を調べる為に、MRIをとる事になり、それまではポリネックソフトと薬(ミヤBM,ロブ60㎎、オパプロス モン5㎎)の3種類をいただきました。
仕事はタクシーの運転手、傷みが出ると運転もままならないくらいの傷みらしく、手術以外の方法しか無いのでしょうか。
病院は循環器、脳神経内科のクリニックで、住んでいる所が長野県の安曇野市で、首の脊髄の手術となると、とても危険な難しい手術のように思えて、都会に比べると、とても不安です。
手術をしないで、ペインクリニック等で何とか傷みを和らげる方法は無いのでしょうか。
また家庭で傷みを少しでも和らげるために出来る事は無いのでしょうか。
また関係が有るのかどうか分かりませんが、それと同時に今まで平常だった血圧が、とても高くなり
あまり病気などしない主人でしたが、心配でたまりません。
何か良いアドバイスが有りませんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

診断がはっきりしないと明確な回答は難しいのですが、診断名は何なのでしょう? 「脊髄の内側の枯渇」ということは脊髄の問題なのでしょうか? 「首の骨の状態を調べる」ということですが、脊椎の側の問題ですか?

「病院は循環器、脳神経内科のクリニック」とのことですが、通常はクリニックとは病床を持っていないか、19床未満の病床しか持たない診療所のことを指します。よって「病院は~クリニック」という記述は矛盾があります。要するに、脳神経外科医も整形外科医もいない、あまり規模大きくない医療機関で手術を受けることになりそうだ、ということなのでしょうか。

都会の病院で治療を受けられることも考えておられますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
漢字が分かりませんので「こうじゅうじんたいこっかしょう」と言う病名、内科医院でした。都会の病院までは正直考えていません。その医院では手術となれば、松本の相澤病院でと言う事らしいです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

診断名は「後縦靭帯骨化症」ですね。

これは、頚椎の後方、脊髄の前方に位置する、頚椎同士を繋いで安定させる後縦靭帯という組織が骨化、増殖して、脊髄を圧迫する疾患です。

【「後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症」|日本整形外科学会】
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/opll.html

「脊髄の内側の枯渇」というよりは、脊髄が圧迫されて画像診断上細く見える状態であるということです。

「手術をしないで、ペインクリニック等で何とか傷みを和らげる方法」はございます。神経障害性の疼痛に効くお薬や、神経ブロック注射がそれに当たります。
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2012/10/1011.html

年明け早々にMRIを撮影するのは、脊髄の圧迫状態をより精密に評価し、手術の緊急性、手術をする場合の術式を決定するためのものだと思われます。
後縦靭帯骨化症は進行性の疾患ですし、「転倒などの軽い外傷を契機に麻痺症状は急激に悪化(http://health.goo.ne.jp/medical/search/109B0300.html より引用)」するリスクが付いて回ります。
「手術しか方法が無い」と断言されてもいますから、ご主人は遅かれ早かれ手術が必要な状態だと思われます。

骨の中を脊髄という中枢神経が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
必然、術者にも高い専門性が求められますが、手術を受けられる予定の病院の整形外科には日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医・日本整形外科学会脊椎脊髄病医が在籍しておられ、その専門性は担保されているものと考えられます。

現在示されている方針で手術を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問