JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

9月14日に足首を骨折、9月18日に手術(全治3ヶ月と診断されました)約1ヶ月間入院しました。入院中および退院後1か

解決済みの質問:

9月14日に足首を骨折、9月18日に 手術(全治3ヶ月と診断されました)約1ヶ月間入院しました。入院中および退院後1か月半は毎晩安定剤と痛み止めを飲んで就寝していましたが、その後安定剤の服用をやめました。安定剤をストップしてから、日中を殆どベッドの上で生活し運動もしていないためか眠れないことが多く、そのうち左耳(多分)でジーというような連続した耳鳴りがするようになりました。リハビリ最中やリハビリに行く時、食事時、入浴時などは耳鳴りを意識しませんが、就寝時は耳鳴りが邪魔になり、なかなか寝付けないためアルコールを飲んだり、ストップしていた安定剤を再び飲んだりしています。
掛かり付けの内科で血圧等検査しましたが異常はなく、耳鳴りに慣れることが必要だと言われました。現在、骨折は治りましたが筋力が衰えてしまったため、リハビリ中ですが歩行には1本松葉杖か杖が必要です、後日自由に歩けるようになれば耳鳴りは治まるものなのでしょうか?何か治療が必要なのでしょうかお答え頂ければと存じます。
(茨城県土浦市 64歳 男性)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

耳鳴り発症のタイミングから、原因としてまず考えられるのは「安定剤」の離脱症状(禁断症状)です。
数週間以上連用していた安定剤を急に止めた場合、様々な身体・精神症状が起こりえますが、その一つとして耳鳴りが起こることもあります。
日本では、安定剤や睡眠薬(化学的にはベンゾジアゼピン作動薬と呼ばれる化合物です)の依存性や離脱症状については、処方をする側の医師ですら認識不足であることが少なくありません。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

もちろん、これとは別に、耳鼻科的な原因で耳鳴りが生じることもありますから、耳鼻科は受診されておくべきでしょう。
ただ、悲観的なことを申し上げるようですが、耳鳴りの場合、何科を受診しても原因はわからず、対症療法(例えば相談者様が服用されている「耳鳴りの薬」のような)もあまり効かない可能性が高いでしょう。 実際、耳鼻科的な診断がつく耳鳴りは半数に満たないという報告もあります。

耳鳴りが良くなる場合は、「耳鳴りがありながらも普通の生活」というスタンスで過ごしていただくことで、患者様ご自身の自然 治癒力で良くなっていく印象があ ります。五官というのは非常にデリケートな器官で脳との連携も密なので、意識を向けてしまうとそれに縛られ、縛られると耳鳴りが気になり……という悪循環 が容易に成立してしまうためであろうと思われます。
その意味では「後日自由に歩けるようになれば耳鳴りは治まる」ことに期待は寄せられるかもしれません。

脳腫瘍等が耳鳴りの原因になる場合もありますから、脳外科や神経内科の受診はされて みてもいいか もしれませんが、CTやMRI検査で異常がみつからなかった場合は、脳外科的にも特別な治療方法はありません。

残念ながら耳鳴りに関しては、「どのような病院に行くといい」とか「このような治療法によって改善が見込める」といった、明確な回答ができないのが現状です。
耳鼻科を受診されて原因がわからなかった場合でも、症状を受容された上で、できるだけ質の高い生活を目指されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答頂き有難うございました、服用している安定剤はレンドルミンといいます、2ヶ月間以上1錠を寝る前に服用していたのですが、現在は3分の2にして飲んでいます。服用を止めると変な夢を見ることが多く、短時間で目覚めてしまい眠られないため量を減らして飲んでいますが、これも止めることが必要なのでしょうか?あるいは徐々に量を減らしていけばよいのでしょうか?その方法も解りませんので回答頂ければと存じます。耳鳴りの程度は日によって、あるいは時間や天候、身体行動によって変化しているように思います。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
追加質問ありがとうございます。
ただ、JustAnswer運営サイドによれば、相談者様は月極会員様ですので、追加質問については新たにスレッドを立てていただく(新たな質問として投稿していただく)必要があるとのことです。

以下、JustAnswerサポートデスクの見解です。

これが遵守されない場合、相談者様は会員資格を解除される可能性があり、また私への報酬も取り消されます。ご理解をいただけますと幸いです。

*********************************************
JustAnswerでは月極会員が公正使用の方針といった会員規約に反する行為を行った場合は、その行為に対して警告を行い、違反行為により支払われた専門家への報酬の取り消しを行います。

悪質な場合は月極会員の解除といった対応も行っています。月極会員ユーザーページ内のリンクに、公正使用の方針としまして「特定ユーザーへの過剰承諾禁止」についての記載がございます

弊社ウェブサイトは質問ごとに料金を設定し、プラス評価することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家に支払われるシステムです。
このように通常使用をしていただいている限り質問者の承諾回数は1回のみで間に合います。そのため月極会員の方の承諾は1度のみとしております。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です。

承諾後に、返信機能を用いて投稿された追加質問に専門家が回答しても無報酬となりますので、別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の質問を投稿する必要があります。

神経科 についての関連する質問