JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20年位前から書痙に苦しんでおります。はじめはそれほどでもなったのですが、7年位前からひどくなり、この頃は自分の名前

質問者の質問

20年位前から書痙に苦しんでおります。はじめはそれほどでもなったのですが、7年位前からひどくなり、この頃は自分の名前も書けない状態です。心療内 科に5年位前からかかっておりますが一向に良くなる気配が見えません。この頃は段々ひどくなるような気がしてなりません。先生がおっしゃるには気持ちの持ちようだとおっしゃいます。薬は5種類ぐらい処方されております。森田療法健康法の本も熟読しましたが解決方法にはなりませんでした。どうかこの苦しみを解決していただければとお願い申し上げます。処方されている薬 1,リフレックス錠 2,デパス錠
3,アロチノロール塩酸塩錠 4,ブロチゾラムOD錠
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

書痙は、現在では局所ジストニアという筋緊張の障害とみなされるようになっており、治療は心療内科ではなく神経内科を中心に行われ、お薬としてはボトックスという注射剤を中心に使用します。

そのような説明を主治医から受けたり、他科受診を勧められたことはないのでしょうか?
書痙とはどのような病気だという説明を受けられていますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

心療内科に受診前に2年位受診しましたが医者からこれ以上の治療方法はありませんと言われました。故に心療内科に変更しました。医者からは本態性戦震と言われました。ボトックス注射剤は投与されたことはありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

心療内科に受診前に2年位神経内科を受診しましたが医者からこれ以上の治療方法はありませんと言われました。故に心療内科に変更しました。医者からは本態性戦震と言われました。ボトックス注射剤は投与されたことはありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

心療内科に受診前に2年位神経内科を受診しましたが医者からこれ以上の治療方法はありませんと言われました。故に心療内科に変更しました。医者からは本態性戦震と言われました。ボトックス注射剤は投与されたことはありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

心療内科に受診前に2年位神経内科を受診しましたが医者からこれ以上の治療方法はありませんと言われました。故に心療内科に変更にへんこうしました。医者からは本態性戦震と言われました。ボトックス注射剤の投与されたことはありません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

ただいま立て込んでおりますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
大変お待たせしました。

前述したように、書痙は、局所性ジストニアの一種で、職業性ジストニアのひとつでもあります。「気持ちの持ちよう」ではありません。
http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/506.html

また、「これ以上の治療方法はありません」という神経内科での説明も正しくありません。

経口薬としてはパーキンソン病治療薬が有効である場合があります。

精神的な緊張のために起こる症状が悪化することはありますが、精神科・心療内科的な治療はあまり有効ではないことが確かめられています。


書痙治療における近年のトピックは、保険適応ではありませんが、ボトックス(ボツリヌス毒素)の高い有用性が知られるようになったことです。実際に臨床使用もされています。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=419
http://www.miwaclinic.net/dystonia.html

書痙は今や、治療により、かなりの改善が期待できる病気です。

局所性ジストニアの治療、ボトックス治療を行っている神経内科を探されて受診・相談されてみることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問