JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

てんかんを発症したのでしょうか? 高校2年生の娘が11月はじめに神経症になりました。 食事も1口か2口、睡眠

解決済みの質問:

てんかんを発症したのでしょうか?

高校2年生の娘が11月はじめに神経症になりました。
食事も1口か2口、睡眠も1〜2時間程度のことが1週間ほど続いた夜
てんかんの発作のような痙攣を起こしました。
生まれて初めてです。
目は上向きに白目を向いて全身硬直しながら痙攣していました。すぐに救急車を呼んだのですが、救急車 が到着した頃には発作も治まりました。
その後、カウンセリングなどのかいもあり、神経症も次第に回復傾向にあり食事も睡眠も取れるようになってきて、学校にも1〜2時間程度行けるようになっていました。
(簡単な計算でも混乱するようなことや記憶ができていない事はまだあります)

ところが昨日、一人で勉強中にまたてんかんの発作を起こしました。
勉強がわからなくてパニック状態になったものと思われますが1度目は睡眠不足が原因と思っていたので2度目があるとは思っていませんでした。

てんかんが発症したと思ったほうがいいのか、精神的に病んでいるから一時的なものなのかわかりません。どの様に考えたらいいのでしょうか?
てんかんの発症は小さい子供の頃というイメージがあるので…
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

てんかん発作は脳の異常放電であり、脳についた傷や、生まれつきの脆弱性、発熱などによって起こる「脳の病気」であって、「神経症」の症状として起こることはないことをまずご理解ください。「パニック状態になった」としても、「精神的に病んで」も、てんかん発作は起こりません。

少し補足情報を下さい。

「神経症」という診断名はいまや死語ですが、具体的には、いつからどのような症状が認められ、いつ受診されて診断が付いたのでしょうか。

「神経症」の発症はいつ頃で、「てんかんの発作」を起こされたのはいつなのでしょうか。

お嬢様が通院されているのは、思春期外来がある、児童思春期精神医学の専門医ですか? どの程度の規模の医療機関なのでしょう?

お嬢様が受けられているカウンセリングの内容を教えて下さい。

エチゾラムの1回の服用量と、とマーゲノールの1日量(mg)を教えて下さい。これらのお薬はなぜ、心療内科や精神科ではなく、内科から処方されているのでしょう?

お嬢様は幼少時に熱性けいれんを起こしたことはありませんか?

お嬢様に持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

11月2日に学校を早退してきました。症状はこのあとからです。

てんかんは11月8日に一度、昨日が2度目です。

 

 

症状は2日以降2〜3日で漢字や物の名前などをどんどん忘れていき幼児化しました。高校2年生の女の子なのに「パパ。手を握って」といったり「ぎゅってして」といったりまるで小さい子供のようになりました。

他にも家中の鏡を磨いたり、家中をグルグルまわったり、今話している事を「今なんの話?」と聞いたりといった症状でした。

 

1ヶ月ほどたち幼児性も少なくなり家中をグルグル回るといった異常行動もほとんどなくなりました。学校に少し行けるようになったのは先週末からです。部活が楽しみだったので部活にも参加しています。

記憶があいまいだったりということは今もあります。昨日の晩御飯は覚えていません。

 

精神科や心療内科は現在のところ受診していません。

理由はカウンセリングのみで回復していたからです。

カウンセリングの内容は私共は同席できないので詳しくはわかりまえん。カウンセラーとの相性がいいらしく学校のことなどいろいろ話しているようです。

カウンセラーはこの方です。(お医者様ではありません)

http://www.office-naturals.com/greeting.html

 

内科で処方されたのは当初全く寝ない・食べないという状況だったので内科の先生にいただきました。

 

幼少期の熱性けいれんや持病はありません。

 

昨日の発作のあと頭痛がすると言っています。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
憚りながら、そもそもの対処に大きな誤りがあるように思われます。

リンクは拝見しましたが、「神経症」という診断はカウンセラーが付けたのですが? 何を根拠に? 「神経症」とはどのような病気だと説明をされたのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山さま


 


神経症というのはネットで私がいろいろと見たり、学校に提出した内科の診断書に不安神経症とあったからです。カウンセラーが行ったわけではありません。


専門でもないのに紛らわしい言葉を使って申し訳ありませんでした。


 


やはり精神科を受診しなければなりませんか?


失礼ながら「ずーっと大量の薬を飲み続ける」というイメージがあって出来ればカウンセリングで治れば!思っていました。


実際はどうなのでしょうか?


 


てんかんは別物と考えると脳神経外科などですか?


 


なにより子供が心配です…

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、大前提として、患者様を直接に診察できないインターネット相談では、確定診断はできませんが、お嬢様の診断が「神経症」である可能性は皆無に近いでしょう。

ご記載からは2つ、もしくは3つの可能性を考えます

●1つ目は解離性障害です。古典的にはヒステリーと呼ばれていた病態で、ストレスが種々の精神症状や身体症状として現れる疾患です。

【解離性障害】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_dissociation.html
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/griffin/life07.html

解離性健忘、解離性痙攣、心因性錯乱といった症状がお嬢様の状態を説明しうると考えます。
しかしこの場合も、てんかん発作だけは脳器質的なものである可能性がございますので、そのための検査は必要になります。

●第2に、脳器質的な疾患の可能性を否定できません。脳炎や脳腫瘍といった脳そのものの病変によって、それが生じた場所次第では、お嬢様が呈されたような精神症状や、痙攣発作が起こります。

●第3に、統合失調症の可能性も完全には否定しかねます。ご記載のような発症の仕方をする病型があり、解体型統合失調症と呼ばれます。

【解体型統合失調症】
http://www.kenkokanri.com/byouki/kokoro/kaitaigatatogoshicchosho/


まずこの3つの疾患(実際に診察すれば他の可能性も出てくるかもしれません)の鑑別を行う必要があります。
仮に脳腫瘍であった場合、カウンセリングで病状が好転することはありませんし、てんかん発作はカウンセリングでは止まりません。

解離性障害であれば、カウンセリングが治療の中心になりますが、リンクを示していただいたカウンセラーは、どちらかと言えば、企業のメンタルヘルス等を専門とされていて、思春期の患者様の扱いの経験が豊富であるようには思われませんでした。
カウンセリングを受けられるのであれば、児童思春期を専門とするカウンセラーから受けられるべきですし、その場合も専門医の指示のもとに行われるべきです。

脳腫瘍や脳炎であれば、これは脳神経外科や神経内科の領分です。

統合失調症であれば、精神科の領分であって、この場合は治療は薬物療法中心になり、一生の服薬を必要とします。
「ずーっと大量の薬を飲み続ける」というイメージがあって出来ればカウンセリングで治れば!……というお気持ちは理解しますが、そのような治療が必要な時には必要です。

お嬢様が呈した状態を引きお起こす疾患はひとつではなく、診断によって治療方法が異なってまいります。
その肝心の診断を受けずに(診断は医師だけができます)、親御さんが抱く「ずーっと大量の薬を飲み続ける」というイメージのためだけに、畑違いのカウンセラーにお嬢様を丸投げしてしまったのは、率直に申し上げて賢明な対処ではなかったと考えます。

「カウンセリングのみで回復していた」とのことですが、精神・神経疾患は症状の変動があるため、一時的に良くなったり、また悪くなったりという経過を辿ることがしばしばです。
カウンセリングで良くなったのではなく、自然経過で一時的に良くなっただけである可能性が高いのではないかと愚考いたします。

まず、大学病院クラスの総合病院(脳神経外科と精神科の両方の科がある病院である必要があります)を受診されて、総合的に診察・検査を行った後に治療方針が決定されるべきです。
カウンセリング中心の治療がベストなのか、手術が必要か、薬物療法が中心を占めることになるのか、すべて、然るべき医療機関において行われる検査の結果によって決まることになります。

「なにより子供が心配」であるであれば、なによりまず病院を受診されるべきでした。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問