JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14035
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

症状と経過        イシカワヒロアキ 48歳 男    自営業 内装工事 3か月位前より軽い動悸と脈が飛ぶようになりました。

質問者の質問

症状と経過        イシカワヒロアキ 48歳 男    自営業 内装工事

3か月位前より軽い動悸と脈が飛ぶようになりました。                 近所の内科で心電図とホルター心電図で心室性期外収縮(その時は300回)と言われました。血液検査、心エコーは特に異常がなく、 脈のリズムは一定だが間隔が速くなったり遅くなったりするが、自律神経が乱れているとのこと。逆に動いたほうがよいくらいでこのままで大丈夫と言われました。しかし、脈が飛ぶ(期外収縮)回数がだんだん多くなり、最近状態がかなり悪くなっているような気がします。
動悸は体を動かしていているときはあまり感じませんが、安静時は 常に軽く感じています。  血圧は125/75位が普通でしたが、最近は110/85と下側が低めです
 最近(11月より)毎日、夜中、朝方、動悸と頻脈(90~100)で目が覚めるようになり、先日は120位まで上がり、脈の間隔が不規則になったりしたり、10分位間で落ち着きますが、気分の悪さと息苦しさ感は残り、とても寝てられない状態が毎日続いています。このことがとてもつらい状況です
朝方の発作ということから先日循環器内科にて検査をし、血液検査、心電図、心エコー、シンチ検査(至急検査だったので、寝た状態のみ)造影剤CT、カテーテル検査までしました。特に心疾患は指摘されませんでしたが、CTでは1箇所、冠動脈に少しの狭窄(25%)は認められるも異常はなく、ただ、冠動脈の薬物誘因テストで血管の収縮の収縮があり、冠攣縮性狭心症と診断されましたこの病名症状は胸の痛みがあるとのことの認識でしたので自分症状でも当てはまると思うとショックでした。医師はストレス等が主な原因なのであまり考え込まないようにと言わました。 
そのような状態で仕事(内装工事)に出かけますが、労作時にだんだん息苦しくなり、期外収縮がバンバンでて、とても仕事に集中できないようになりました。安静時でも、脈拍が90~120回/分が普通で、軽い動悸がつねにあります。胸の痛み等はありません。食欲もなくなり昼食は取れない状態です。体重が10日間で5kg落ちました。
動悸と息苦しい、胸が重苦しい状態で帰宅し、安静にすると症状は治まります。
こうなると、動悸、期外収縮、労作時の息苦しさ、ましては冠攣縮狭心症、もしかして隠れた重い不整脈疾患、インターネットによる負の情報の連鎖習得。労作時におけるニトロ服用時の症状が軽減→やっぱり狭心症?
内面的なストレス、仕事ができず収入がなくなる。 今後の家計への不安 近い将来のことは? いろいろなことを思うときがあればすべて考えて抱え込むようになりました。 
現時点での症状として、軽い動悸、ものすごい不安感、精神不安 胸の重苦しさ 震えを常に感じています。
やる気はありますが、やる気がほとんどおきません
 先生、本当にこの状態がつらく、どうにかなってしまいそうです。受診する科があればどのような診察の科に行けばいいでしょうか。行けば少しは自分の状態、症状が変わるか。現在症状が出ると胸の痛み等は全くなく、息苦しさ、重苦しさ、動悸、労作時の期外収縮、息苦しさ。たまに吐き気が主です。どうぞ所見をお願いします。明確な、病院とかもわかれば、恐縮ながらも教えてください。当方、東京都、墨田区在住です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限り、循環器内科的には心室性期外収縮と冠攣縮性狭心症の診断は確定している⇒この症状に対する不安感が高まり、「ものすごい不安感、精神不安 胸の重苦しさ 震え」「やる気がほとんどおき」ないといった、おそらくは循環器疾患では説明が付かない症状が現れるようになった。「あまり考え込まないように」と言われても考え込まずにはいられない。
……この、循環器疾患のために二次的に生じた精神症状に関してのご相談であると理解してよろしいでしょうか。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか? また、2点以上の点数がついた項目番号を控えておいて、そちらも教えていただけますと幸いです。
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず、上記2点に関して確認させていただけますと幸いです。

 

※JustAnswerは病院紹介サイトではありません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があります(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めてこれまでにも何回か起きています)。
このため、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速ありがとうございます。テストの結果13点でした。


猫山様の質問の内容についてですが、


 


循環器疾患のために二次的に生じた精神症状に関しての事柄が・・、という部分が少し微妙で2次的に生じた精神症状とされる部分が循環器疾患の要因、起因している部分なのかどうかということなのです。


うまく表現できませんが、簡単に言うと2次的な生じた精神症状を改善して行くことが、循環器疾患の根本の治療になるのか、どうか?という表現なのですが、

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

「2次的な生じた精神症状を改善して行くことが、循環器疾患の根本の治療」にはならないであろうと思われます。

既に相談者様が主治医から説明を受けられている通り、心室性期外収縮は「ストレス等が主な原因」であることは確かですし、冠攣縮性狭心症についても、ストレスが誘因のひとつであることが知られています。
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_ogawah_d.pdf (1243ページ参照)

しかしながら心室性期外収縮も冠攣縮性狭心症も、基本的には心臓疾患であって、精神的なストレスが身体症状として現れる「心身症」ではありません。もっと複合的な要因によって起こる病気なのです。
心療内科的治療を受けられてストレスが軽減することで、胸部症状⇒ストレス⇒胸部症状のさらなる悪化⇒さらなるストレス……という悪循環は断ち切れるかもしれませんが、本来の重症度の心室性期外収縮と冠攣縮性狭心症は残るでしょう。

インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける13点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

うつ病になると不安が高まり、身体症状に対する過敏性が増します(心気的になる、といいます)。
相談者様は、胸部症状を気にされすぎて遂にはうつ病を発症してしまい、うつ病を発症したがゆえに胸部症状のことが頭から離れなくなり、不安が増強して身動きが取れなくなっている状態にあるのではないかと推察いたします。

精神科もしくは心療内科を受診されることをお勧めいたします。
これまでの経過や、服用しているお薬の内容等の情報が必要になりますから、循環器の主治医に紹介状を作成していただくべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    13
    国立大学病院神経科精神科にて勤務経験あり
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2775
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    310
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

神経科 についての関連する質問