JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

道を歩くと落ちている物が気になり、何度も戻り確認しないと気が済まない。非常に時間がかかりつかれる。鍵がしまってい

解決済みの質問:

道を歩くと落ちている物が気になり、何度も戻り確認しないと気が済まない。非常に時間がかかりつかれる。鍵がしまっているのに、何度も確認する。手も何度も洗わないと気が済まない。汚いと感じた物が異常に気になる。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

症状は典型的なものであるように思いますが……

少し補足情報を下さい。

①神経科に通院されていたのは何歳時から何歳時ですか?

②処方されていたお薬と、それぞれの1日量を教えて下さい。

③通院を止めてしまわれたのは症状が良くならなかったからでしょうか。

④今回のこのサイトでのご質問の意図を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
通院は28歳の一年ぐらいです。薬はパキシル、ガスモチン、メイラツクスを2錠、1、1です。













































質問者: 返答済み 4 年 前.
通院は28歳の一年ぐらいです。薬はパキシル、ガスモチン、メイラツクスを2錠、1、1です。













































質問者: 返答済み 4 年 前.
通院は28歳の一年ぐらいです。薬はパキシル、ガスモチン、メイラツクスを2錠、1、1です。













































専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
②’パキシルとメイラックスの1日量をmg数で教えて下さい。パキシルは10mg錠と20mg錠、メイラックスには白い1mg錠とピンクの2mg錠とがあります。

③通院を止めてしまわれたのは症状が良くならなかったからでしょうか。

④今回のこのサイトでのご質問の意図を教えて下さい。

※ご返信の下部に余白はあけないようにしていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


パキシルは10mg、メイラツクスは1mg

副作用で頭痛が酷くなったことと、薬を飲み続けるのが良くないと思えたからです。

通院し、治療を続けて、完治しますか?

普通に結婚し、妊娠することは可能ですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


パキシルは10mg、メイラツクスは1mg

副作用で頭痛が酷くなったことと、薬を飲み続けるのが良くないと思えたからです。

通院し、治療を続けて、完治しますか?

普通に結婚し、妊娠することは可能ですか?
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

強迫性障害であれば、一定期間適切な治療を受けられれば(相談者様が受けられていた)、大半の方が多少の症状は残しながらも薬の服用の必要なく、また日常生活に支障が無い程度にまでは回復します。
「完治」するかどうかはその定義によります。全く手を洗わない人や全く確認しな い人はいないので、強迫症状と正常の間には線を引きにくいのです。

普通に結婚することはできますが、そのためには強迫性障害を治さなければなりません。
妊娠することは可能ですが、その場合はお薬を止めることができていなくてはいけません。

適切な、強迫性障害の標準治療を受けられることをお勧めいたします。

OCDの治療は、必要十分量のSSRIを用いた薬物療法と、行動療法(曝露-反応妨害法)の組み合わせが国際的な標準治療です。

SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、強迫観念を消褪させると考えられています。通常の精神安定剤にその作用は期待できません。
パキシルであれば、1日量で40-50mg/日が必要になります。

行動療法も、単独では非常に患者様の心理的負担が大きくなりますので、まずSSRIを用いて強迫観念を緩和して上で、行動療法で強迫行為にアプローチする方法が主流です。

日 本では、SSRIをOCD治療用に適切に使える精神科医は少数派で、行動療法となると、行われている施設すら限られますが、インターネットなどで検索し て、この標準治療を行える医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問