JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左目のぴくぴくするのが昨年の夏から続いていて、 最近では、左目ほほのところがしびれています。 特に、ぴくぴくする

解決済みの質問:

左目のぴくぴくするのが昨年の夏から続いていて、
最近では、左目ほほのところがしびれています。
特に、ぴくぴくするのは、人と話をする時や
食事の時などです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がお ありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

瞼がぴくぴくする疾患(眼瞼痙攣)には、眼輪筋のジストニアと、線維束収縮の2種類があります。

前者は大脳か、そこから出る太い神経の病気である可能性が高く、両側性で、まぶたがぴくぴくするだけでなく、開けづらくなり、治療も難渋することが少なくありません。

一方、片側のまぶたがぴくぴくするだけの眼瞼痙攣は線維束収縮と呼ばれる良性のもので、大多数の患者様では目の使いすぎやドライアイ、睡眠不足、ストレスが原因となって起こり、目の安静を保つようにすれば1~2週間程度で自然に治ることが大半です。

相談者様の場合は、線維束収縮だとは思われますが、既に1年以上続いています。

①例えば、慢性的なストレスが続いているのでしょうか?

②テルネリンは何科から処方を受けられているのでしょうか。その科ではどのような診断を受けられていますか?

③持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご返事ありがとうございます。


1)はい、パソコンを見ている時間が長いと思っています。 


  午後の1時半くらいから7時半くらいまでの6時間くらいで、ただ、休憩を


  取れるときは、その間、トータルで2~3時間はパソコンの前から離れて  


  いる日もあります。常にではありませんが、急ぎの仕事の時は、


  ストレスを感じる時もあります。


  睡眠ですが、ここ最近は、寝る時間が夜中の2時前後になるのが


  常態化していてます。睡眠時間は6時間くらいでしょうか。


2)内科です。一度、病名を聞いたような気もしますが、お知らせいただきま 


  した2番目のような名前だったと記憶しています。


3)胃酸が多いときにムコスタとガスターD,20mgを飲んでいますが、


  持病はありません。


 


*意識的に目を開けてみると、左目は大きく開くのに右目より遅くなります。


 


よろしくお願いいたします。


     


  


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

貴ご質問の私の返事は届いておりますでしょうか?


これから、移動いたします。


また、このパソコンを見られるのは、


明日の午後になります。


 


よろしくお願いたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

貴ご質問の私の返事は届いておりますでしょうか?


これから、移動いたします。


また、このパソコンを見られるのは、


明日の午後になります。


 


よろしくお願いたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
届いております。
回答作成は夜間帯になりますがよろしいでしょうか?

お待ちになれない場合は、オプトアウトしていただいてけっこうです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


明日、拝見させていただきますので、


明日まで結構です。


 


よろしくお願いたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
お待たせしました。
と申しましても、回答は長くはありません。

線維束収縮は大多数が良性のもので、そのまま様子を見られて問題ありません。現在服用されているテルネリンやサンコバは、効果を実感できていないのであれば主治医と中止を相談されてもいいでしょう。

一部の線維束収縮は、脊髄前角細胞の変性で起こることがあります。
典型的な例が筋萎縮性側索硬化症の前駆症状です。
そのような、変性疾患の症状である可能性が、ごくごく低いながらもございますので、いちど、神経内科を受診されておいた方がよろしかと存じます。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

神経科 についての関連する質問