JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。 35才になる私の娘が強迫性障害ですでに5年が過ぎました。 不潔脅迫です。 私は63才になる

解決済みの質問:

お世話になります。
35才になる私の娘が強迫性障害ですでに5年が過ぎました。
不潔脅迫です。
私は63才になる父親ですが、巻き込まれています。
娘はアパー トに一人暮らしです。
大変ですが、毎日私が彼女の部屋の掃除およびゴミ出し等をやっています。
病気は進行して、彼女はゴミ出しが出来ません。
また私に対し、手・足・体(服の上から)等をアルコールタオルでひっきりなしに拭くよう要求してきます。
娘の病気に対して良くないのですが、口ゲンカとなる場合も時々あります。
娘に対し、暴露妨害反応法が出来る病院へ入院するよう説得しても、絶対イヤだと言っています。
最初の頃は地元(青森県八戸市)の病院へ通っていましたが、数け月通っててもなにも変わらなく、しだいに行かなくなりました。
また、脳のセロトニンを増やす効果のあるサプリメントを進めても、これもイヤだと言って飲みません。
このごろはお手上げ状態となっています。
今後、どのようにしたら良いのでしょうか。

宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

正しい意味での治療意欲がない強迫性障害患者様にどのように治療を受けさせればよいか、というご質問になろうかと思われますが、ご記載を拝読しますに、ご家族の割り切りが必要な状況にあるのではないかと考えます。

ご記載からは、相談者様が色々と勉強されたことが伺えますが、お嬢様ご本人が病識(自分が病気だという認識)を失っておられ、治療的なアプローチをすべて拒まれているわけですから、いかなる治療努力も意味が無くなります。

多少強引とも思える手段をを検討されることも必要な段階に来ているかもしれません。

病識を失ったOCD患者様の場合、ご本人が困らなければ治療には繋がりません。
現在、ご実家に身を置かれ、ご家族を隷従させ、強迫症状に巻き込み、代行させているお嬢様は、何一つ困ることはなく、環境に安住しています。治療を受けなければならない理由がご本人には見当たらないのではないでしょうか。

ご本人が、治療を受けなければ、と思われる手段は、例えば以下の2つがあります。

1. 放り出す
ご実家から出て行ってもらうことです。「いい歳をして仕事もしない、病気の治療を受けようともしない35歳にもなった娘を養う義務は無い」と宣して、お一人暮らしをしていただいてください。最低限の仕送りはしてもかまいませんが、ベストなのは世帯分離をして生活保護を受給して自活していただくことです。

2. 民間の移送業者を利用して精神科病院に入院していただく
精神科疾患の症状が激しいにも関わらず、病院に行きたがらない患者様を強制的に病院に連れて行く方法としては、まず公的な「移送制度」がありますが、これは統合失調症を対象として考案された制度ですから恐らくお嬢様には適用されません。
お金はかかりますが、民間の移送業者を依頼することになるでしょう。「暴露妨害反応法が出来る病院」は、治療意欲が無く、移送業者によって連れてこられた患者様を入院させてくれません。従って、まずは移送業者お抱えの精神科病院に入院されることになります。そこで良くなる可能性も低くはありません。強迫症状を強制的に我慢しなければならないような環境だからです。
お嬢様が、「ここにいるくらいなら専門の病院で治療を受けたい」と仰られたら。「暴露妨害反応法が出来る病院」への転院を検討されてもいいでしょう。
例:http://www.tokiwahoken.com/maru.html

以上の2つが、現実的に事態を前進させることができる可能性をもった方法です(もちろん結果は相談者様の自己責任になります)。
強引で乱暴な方法だと思われるでしょうか?
しかし相談者様のご年齢、お嬢様の病状を考えますに、早期に治療導入できなければ、将来的には現在よりも悲惨な状況になるであろうことは必定であるように私には思えます。

上記の方法について、選択肢の一つとして検討されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問