JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

質問させてください。 当初、左耳が聞こえにくくなりました。回転性のめまいはありません。突発性難聴かもと思いつつ、受

解決済みの質問:

質問させてください。
当初、左耳が聞こえにくくなりました。回転性のめまいはありません。突発性難聴かもと思いつつ、受診。確かに低音が聞こえにくく、薬を処方され、聞こえにくさは改善されたのですが、常に飛行機に乗っているような、頭に膜が貼ってあるような不快な症状が両耳に出てくるようになりました。都内の有名な耳鼻科で受診するも、鼓膜などに異常は無い都のこと。確かに音は聞こえているので、難聴では無いのかも。しかし、不快感は継続中。脳神経外科で検査するも、異常なしとのこと。頭を締め付 けられるような感じも追加され、原因が分からず困っています。精神安定剤ーデパスーなども処方され、確かに一時的には効くのですが、常習性の問題もあるとのことで、飲むのをためらってしまいます。自律神経系の病気かもとも思うのですが、確かなことは分からず不安です。ほとんど病気になったこともなく、年齢も51なので、更年期の一言で曖昧にされるのも、また不安です。不安な気持ちが頭の症状に影響しているのでしょうか?
病院のどの診療科にかかったら良いのかもわからず、総合診療科への受診も考えていますが、原因の推定などができるでしょうか?ちなみに女性です。よろしくご回答おねがいします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
耳鳴りに関するご相談はこのサイトに多く寄せられます。大多数が、「あちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であるということでしょう。
相談者様の場合も、何科を受診しても原因はわからず、対症療法もあまり効かない可能性が高いでしょう。

実際、耳鼻科的な診断がつく耳鳴りは半数に満たないという報告もあります。

ストレス⇒耳鳴り⇒精神医学的問題(例えば不安)⇒ストレス閾値の低下⇒耳鳴りの悪化……という悪循環が生じてしまいがちです。
つまり、「不安な気持ちが頭の症状に影響」しているのは、この意味において当てはまります。

完治が可能がどうかについては、相談者様を診察しているわけではないので確定的なことは言えませんが、経験的にはこの種の問題は「完治にこだわるほど完治が難しくなる」傾向があるように思います。
治療によって治るのは、感覚的には症状の半分くらいまでです。残りは、「耳鳴りがありながらも普通の生活」というスタンスで過ごしていただくことで、患者様ご自身の自然治癒力で良くなっていく印象があります。
五官というのは非常にデリケートな器官で脳との連携も密なので、意識を向けてしまうとそれに縛られ、縛られると耳鳴りが気になり……という悪循環が容易に成立してしまうためであろうと思われます。

総合診療科の受診はされてみてもいいかもしれませんが、恐らくこれまでと大きくは変わらない結果になり、心療内科受診を勧められるのではないかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
返信、ありがとうございます。いくつか質問させてください。耳、脳にとりあえず異常はないとの診断をもらっていますが、症状は先のように続いています。そこで、薬については、有名な耳鼻科の先生からは飲まなくて良いとの返事をもらいました。ただ、最初の医者から処方されたものなので、やめてしまって良いものかどうかということと、自律神経を正常化すうように漢方薬を処方してもらったので、それは飲んでも良いかということ。また、デパスなどを飲むと気分が安定し症状が緩和しますが、そういった意味ではやはり精神的な 部分が大きいと言えるのか、さらに薬はやめるが、症状が辛い時にはデパスなどを一時的にでも服用する方が良いのか、あるいは我慢した方が良いのか、アドバイスをお願いしたいです。
やはり、漢方薬に頼っても直ぐに快復するわけではないと思うので、その間の対処をお聞きしたいというお願いです。
結局、色々薬の山が出来てしまって、どうしようというのが正直な気持ちです。最近は薬効も直ぐにネットで調べられますが、これだけ色々薬をいただいてしまうと、組み合わせや服用方法も、素人にはさっぱりです。もちろん、医者に行く時はそれまでいただいた薬持参で行くのですが、それでも新しい薬がでます。複雑の極みという思いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
結局のところ、どの医者も原因がわからないということでしょう。

自律神経 を整えるために漢方薬、というとそれらしく聞こえますが、漢方薬にそのような効果があるかどうかは実証されていません。
何をしてもいいかわからない場合に、漢方薬を時間稼ぎに使っているという要素が強いと考えます。

どうせ効かないのですから、お薬は飲まずに、辛いときにデパスだけ服用されるのがよいでしょう。
頓服ならば依存性の心配はほとんどありません。

MRIにも映らない耳鳴りの原因はあるのだと思いますが、現代医学ではまだそれがわかっておらず、安定剤で前述の悪循環を断つのが限界なのであると考えられた方がよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問