JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ADHDについて教えてください。 中学一年生の長男が、いくら言い聞かせても下記症状を全く改善することができません。

解決済みの質問:

ADHDについて教えてください 。
中学一年生の長男が、いくら言い聞かせても下記症状を全く改善することができません。
ネットでADHDのHP等をみたところ該当する部分がありますが、該当しない部分もあります。専門医に相談した方が良いかアドバイスいただけると助かります。
●該当部分
1、毎朝決まった時間に起きることができない。
2、提出物を期日までに提出することができない。
3、宿題や課題等のやらなければならないことを後回して、結局やらない。

●不該当部分
1、友達が出来ずらい。
2、じっとしていることができない。
3、かんしゃくを起こす。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で思春期外来を担当していました。

判断が難しいケースです。
そもそもADHDを含む発達障害の方の場合、対面でお会いして、会話する中で何となく感じる違和感のようなもの(これは発達障害の当事者の方々と数多く接することで培われる無意識のパターン認識のようなものだと思います)が診断につながっていくことが多く、よほどの典型例でない限りは、 このようなネット相談でのやりとりで診断の見当が付くものではありません。

そして、ご子息は少なくとも、「よほどの典型例」ではないように思われます。
発達障害に関する情報が得られなかった時代ならば(ほんの数年前までのことですが)、個性の範囲内で了解されていたであろう水準だと思われます。

しかしご子息が、将来を決める上で重要な年齢であることを考えるならば(ADHDであった場合の治療は早期に開始された方が予後が良好です)、やはり専門医を受診されて発達障害の有無をはっきりさせて、必要ならば治療に導入されるべきでしょう。

ちなみに、発達障害の疾患群は、ここからここまでが○病でこちらからは□病、というような明確な線引きが出来ないこと、また、発達障害と正常との間にも明確な線引きが出来ないことから、近年では正常から重度の自閉症までを連続したものとみなす「発達障害(自閉症)スペクトラム障害」という考え方が主流になっています。
よって、「正常範囲内だがADHDの傾向がある」という診断もありえます。その傾向を知るだけでも有用であると考えます。

児童青年精神科医学の専門施設を受診する必要があります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢の患者様の問題には対応できませんし、発達障害を正確に診断する技術や経験がないからです。

以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問