JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、さちと申します。 現在、摂食障害(過食嘔吐から今は拒食)、アルコール依存(二日でウイスキーのボト

解決済みの質問:

はじめまして、さちと申します。

現在、摂食障害( 過食嘔吐から今は拒食)、アルコール依存(二日でウイスキーのボトルを一本)、鬱を患っている婚約者がおります。
薬はパキシル、レキソタンを一か月以上服用しています。副作用なのか、酷い眠気と体のダルさ何もやる気が起きない、悪夢も毎回見ていると言っておりました。
薬を服用したのも過食嘔吐を止めるということで服用し過食嘔吐も止まったらしいですが拒食になったと本人はいっています。
今はメールしても電話しても音信不通で引き籠り状態が一カ月以上続いています。
このまま、この薬を服用して一人で引き籠りで良くなっていくんでしょうか?
いつになったら苦しみから解放されるんでしょうか・・・・。
申し訳ありません。宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしく お願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

摂食障害やアルコール依存症は薬物療法だけで治る病気ではありません。むしろ薬物は補助治療の位置付けとなります。

婚約者様は、ご記載の薬物療法以外にどのような治療を受けておられるのでしょうか。

また、現在は飲酒はやめられているのでしょうか。

婚約者様は現在おいくつで、病気は何歳時の発症なのでしょう?

受診されているのは摂食障害や依存症に専門性を持った精神科・心療内科ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

薬物療法以外はなにもしていません。


現在薬の副作用の辛さから飲酒はしていると思います。


思いますと言ったのは現在連絡が取れず、最後に(一週間程前)に話した時に本人が言ってました。


本人は現在30歳です。いつからははっきりは不明ですが5~6年になると思います。


受診はきちんとしていないとみたいです。ただ欲しい薬を処方してくれるから行っているみたいです。


精神科か心療内科かは不明です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

結論から申し上げますと、婚約者様は今のままで良くなっていく可能性はきわめて低いと考えます。

前述のように、摂食障害もアルコール依存症も、心理療法を中心とした専門的治療が必要な疾患であり、かつどちらも患者様の治療意欲が、回復のために不可欠となります。

薬目当てに精神科/心療内科(この2つは事実上同じ診療科です)を受診されていても、病状の改善は望めません。
また、精神科のお薬は一般にアル コールとの飲み合わせが良くありません。婚約者様が服用されているお薬では、ベンゾジアゼピン系抗不安薬であるレキソタンが特にお酒との相性が悪いお薬です。生命の危険が生じる可能性すらあります。
http://www.city.yokkaichi.mie.jp/hospital/yakkyoku/hanasi2.html

「このまま、この薬を服用して一人で引き籠りで良くなっていく」ことはありません。最悪の事態すらありえます。
一刻も早く、婚約者様を保護的な環境に置かれて、適切な治療を受けていただく必要があろうかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問