JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私当年82才の男性です。恥ずかしい話ですが、何事にもすぐ緊張してしまい、例えば、自分で血圧を測ると上が120台、下が

解決済みの質問:

私当年82才の男性です。恥ずかしい話ですが、何事にもすぐ緊張してしまい、例えば、自分で血圧を測ると上が120台、下が60~80台なのですが、医院に行き測られると、緊張してしまい、上が180台にまで上がってしまします。この様な自立神経緊張性のセイか、此処20年来不眠に苦しみ、同じ神経内科の先生に治療して貰っていますが、一向に改良が見られません。その為QOLが低下し、このまま一生を終えるのかと思うと残念でなりません。
現在、処方して貰っている薬は睡眠薬として サイレース2mg、ロゼルム8mg、安定剤としてリーゼ5mg、ジアゼパム2mg 各1錠を就眠前に服用するよ に指示されています。
然し、1日眠れると、次ぎの日は全然眠れないの繰り返しで、寝ることに恐怖を感じています。担当の先生は睡眠恐怖症だから、眠れなくても死なないんだと言う気持ちで床につきなさいと言われるのですが、眠れなかった日の苦しさが頭に残り、眠れた日の朝起きると、今晩は寝れないんだという気持ちになり、それを引きずって一日が過ぎて、眠れない夜を迎えるということの繰り返しです。
現状を打破するには、気持ちを切り替える事だということは、頭では理解しているのですが、夜になると、又今夜も寝れないんだという恐怖感が先立ちなかなか気持ちを切り替える事が出来ません。
眠れた日は体もしゃんとして、夜寝ることへの恐怖感を除いて異常は無いのですが。眠れる為の何か良い方法は有りませんでしょうか。お教えをお願します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

前半と後半で話題が変わっているようですが、今 回のご相談は「睡眠恐怖症」についてのものであると理解してよろしいですか?

サイレース2mg、ロゼルム8mg、安定剤としてリーゼ5mg、ジアゼパム2mgは、それぞれどれくらいの期間服用されているでしょう?

精神科でも神経科でも心療内科でもなく、神経内科にかかられているのですか? それはなぜでしょう?

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

質問は素民恐怖症と考えて頂いて結構です。服用は約4年くらいです。


神経内科は私の間違いで診療内科です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

それでサイレース2mg、ロゼルム8mg、安定剤としてリーゼ5mg、ジアゼパム2mgは、それぞれどれくらいの期間服用されているでしょう?
質問者: 返答済み 4 年 前.

サイレース、ロゼルム、リーゼ、ジアゼパムは約4年ほど服用しています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

服用されているお薬のうち、サイレース、リーゼ、ジアゼパムは、全て化学的には「ベンゾジアゼピン作動薬」と分類される睡眠薬・抗不安薬です。
依存性や、長期に用いた場合の副作用が強いために、ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

通常、ベンゾジアゼピンの依存や耐性は数週間~3ヶ月で形成されますから、4年間もベンゾジアゼピンを多剤連用されている相談者様は、ほぼ100%、薬の効きが悪くなっている上に、これらのお薬が癖になってしまっています。

仰るような「睡眠恐怖症」という心理的な側面ももちろんあるでしょうが、引用記事にも記載があるように、そうした不安症状が強まることも、ベンゾジアゼピンの長期投与で起こる副作用である可能性がございます。

少し回り道にはなるかもしれませんが、睡眠薬を整理され、いちどお薬を体から抜かれる方向で調整してもらった方が健全な睡眠・覚醒リズムを取り戻せる可能性が高いと思いますので、主治医と相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問