JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5月に脳梗塞で入院後、7月初めに退院してきた義父81歳についてです。 入院前までは、タバコ、酒、は毎日、糖尿病とは

解決済みの質問:

5月に脳梗塞で入院後、7月初めに退院してきた義父81歳についてです。
入院前までは、タバコ、酒、は毎日、糖 尿病とは診断されていないものの、糖尿病の一歩手前、血圧も高い時もあり、性格も非常に頑固で融通がききません。

退院後から病気前とは人格というか変わったなとは家族皆と話はしていたのですが、物忘れ(水道の蛇口のしめ忘れや、話したばかりの内容を覚えていないなど)、気になった事を異常に話し、対人関係がなりたたない、頻尿、1度だけですが、大便も出ていたのに気付かず。義母に依存、感情がコントロールできていない、分かり切った嘘というか作り話をしたりと、文章だけでは伝えきれないこともあります。
麻痺がないので自分は治ったといいはります。計算や文字は書けます。

11月には自動車免許更新に行くようで、家族はこんな状況で運転されては、事故を起こすのは当たり前なので、なんとか病院で脳血管認知症が出ていないか、受診させたいのですが、精神科とかになると本人が行くはずもなく困っております。
人格は保たれているようです。
こんな状態だと家族の方が疲れてしまいます。
何かいいアドバイスなど頂けると幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

まず、最終的な回答は専門病院(精神科病院)受診をお勧めすることになります。それに関して、「嫌がる本人をどうやって連れて行けばよいか」という点についてはお答えのしようがありません。ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言がで きるわけもありません。
統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。
受診までは、家族が何とかしなければならない部分なのです。

お父様は、脳血管性認知症を患われている可能性が高いと考えます。
「糖尿病とは診断されていないものの、糖尿病の一歩手前」だと、治療を受けていない分、糖尿病の診断を受けた方よりも予後が不良の場合がございます。高血糖と高血圧が合併すると、動脈硬化が進みやすく、脳梗塞は起こりやすくなります。

脳梗塞がどの部位に生じたかのご記載がありませんが、お父様が示されているのは、性格変化・先鋭化、健忘、作話と言った、認知症の患者様に特有の症状です。

 

脳神経内科で門前払いにされたとのことですが、専門医を受診されて診断を仰がれるべきでしょう。

 

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問