JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

多重人格者ですか? 1週間前に、仕事中に突然行方不明になり1時間ぐらい探し見つかった時には、話せないし歩けない

解決済みの質問:

多重人格者ですか?

1週間前に、仕事中に突然行方不明になり1時間ぐらい探し見つかった時には、話せないし歩けない。いわゆる赤ちゃんになったようで、とりあえず私の家に連れて帰り様子をみていました。最初は、ぐずってましたが、爆睡して翌日もなかなか起きませんでしたが仕事のため会社に 連れて行き様子を見ながらすごしました。
夕方、突然正気に戻った様子で話を聞いたところ1年前までの事しかわからない。但し、一人のみ3ヶ月前に入社した社員の事は、わかる。
やめろって言うのも聞かず、車も普通に運転して会社にも普通に通っています。

昨日は、違う人格?がでたみたいで、話すことも今まで通りでテキパキと仕事をしていたみたいです。
このような症状の人の対応の仕方を教えてください。
本人には、こんな状況だった事は話しましたが、いつもの事と病院に行く気配も見せません。会社に迷惑がかかる・もしくは、責任者の方に重大な責任問題に発展するような症状がでるのではと心配です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りは、この方が解離性同一性障害(いわゆる多重人格)である可能性は高いように思われます。

「いつもの事」とご本人が仰るからには、似たような症状をこれまでも繰り返し、慢性化しているのでしょう。

「このような症状の人の対応の仕方を教えてください」というご質問の趣旨を教えて下さい。
解離状態・副人格の状況にある患者様をたちどころに主人格に戻す方法はありませんが、「対応の仕方」とは何を指されているのでしょう?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


こんばんわ。よろしくお願いいたします。


 


本人は、主人の直属の部下のため仕事中に先日のような症状がでるか自傷行為をまたしないか。心配ですし、今までは私たちで話を聞いたり気分をまぎらわすように、食事に一緒にいったりしていましたが、私たちはカウンセラーでも医師でもありませんので、間違った接しかたをしているのではないか?


不安で一杯です。


 


どこまで、私達が彼女のために・・何ができるのか


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

解離性同一障害の患者様にはこのように接したらよい、という、一般化できるような助言はありません。患者様ごとの個人差が大きいために、それこそカウンセラーや医師でも、個々の患者様との接し方や距離の取り方を把握するのに時間がかかる疾患なのです。

率直に申し上げれば、あまり接さないようにすることが、もっとも無難な接し方であると言えます。

むしろ、「本人には、こんな状況だった事は話しましたが、いつもの事と病院に行く気配も見せません」という、ご本人の態度の方が問題です。

解離をきたす理由は患者様によって様々ですが、非常に奇異で、周囲の注意を引く症状を呈することで自らの願望を満たすという「機能」をもった症状であるという点では共通しています。
わかりやすい例で言えば、学校に行きたくないという願望が嵩じて腹痛や発熱を呈する小学生と、原理としては同じです。
願望を一時的に満たすことはできるが、社会的に見て不適切な方法であるという意味でも類似しています。

小学生の腹痛が詐病ではないのと同様、解離も詐病ではありませんが、その女性の願望が「かまって欲しい」ことであるならば、既に相談者様たちは、彼女の解離症状によって彼女の願望を満たしてしまっています。
これは彼女の病理を強化し、悪化させる接し方ということになります。
彼女は、相談者様たちの注意を引きたくなると、もしくは不満があると、すぐに解離するようになるでしょう。
この場合、親切があだになるのです。

適切な接し方は、一定の距離を保ち、然るべき精神科・心療内科の受診を勧め続けることでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問