JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学1年生男児です。 度々学校で自分の意見が通らなかったり、新しいことを習った時(運動系)に癇癪を起こして教室で暴

解決済みの質問:

小学1年生男児です。
度々学校で自分の意見が通らなかったり、新しいことを習った時(運動系)に癇癪を起こして教室で暴れることがあるようです。
知的には特に問題ないと思うのですが、何か精神的に問題があるのでしょうか?
家では癇癪を起こすことなく、いたって普通に過ごしております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院在籍時は児童・思春期期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

少し補足情報を下さい。

①学校で癇癪を起すことについて、ご子息ご本人はどのように理由を説明していますか? 小学生になってすぐに始まったのでしょうか? 幼稚園(保育園)ではこのようなことはなかったのですか?

②乳幼児健診等で発達の遅れや偏りを指摘されたことはありませんか?

③「新しいことを習った時(運動系)に癇癪」を起こすということですが、具体的にはどういう時にどういう状態になるのでしょう? 運動系ということは体育の授業時ですか?

④友達づきあいは普通にできているでしょうか。

⑤ご子息の通われている学校にはスクールカウンセラーはいますか?

⑥この問題はしばらく様子を見ることができそうですか? それとも早急に問題を解決しなければ二次的な問題(いじめなど)が起こりそうでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生、ご丁寧な返信ありがとうございます。
補足情報です。


①息子は「いやなことをさせられるのがいやで、つい暴れてしまうんだ」と言っております。幼稚園のころからその傾向はありましたが、周りのお子様と比べて覚えだけは速かったため運動会や発表会で役を任されてその練習が多かったためか、まわりとのトラブルはほとんど聞きませんでした。


 


②乳幼児健診などで発達の遅れ等指摘されたことはありません。


 


③運動系、と申し上げたのは、体育の授業です。運動会のダンスや鉄棒といった自分にできないことがでてくるとだめなようです。


 


④友達つきあいですが、あまりうまくいっていないようです。ただ、メンバーが同じクラスの子でなかったりするとうまく遊んでいるので、よくわかりません。もともと自分の気持ちをはっきり言い過ぎるところがあり、俗に言うKYなところが気になっております。


 


⑤私学の小学校ですが、スクールカウンセラーはおられません。


 


⑥いじめかどうか判断が難しいのですが、クラスの個性的なお子様にすでに目をつけられている状態です。そのことを担任に訴えても「お子様にも問題があるのでなんともいえません」というかんじの話です。


ただ、いじめのことは気になるもののまだ1年生ですので、こちらはまだ親が入っていきやすいかと。


それより我が子に病的なところがあるならまずそちらから、と気になった次第です。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

性格的な問題なのか、それが矯正可能なものなのかどうか、もしくは発達障害のような基盤があるのか、ご記載を拝読しても判断に迷うところです。
「俗に言うKYなところ」があるのは発達障害圏の疾患を疑わせるキーワードですが、衝動性が体育の時間だけに現れるというのは典型的な病像ではありません。

確実に診断を付けるならば児童精神医学の専門医流機関を受診されるべきですが、どこも予約がいっぱいで3~6か月の受診待ちがざらです。つなぎの意味でも、まず児童相談所を利用されてみることをお勧めします。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問