JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

過敏性大腸炎 です。現在コロネル、セレキノン、大建中湯をふくようちゅうせす。便通もよくなりましたが、ガスが止まらず腹

解決済みの質問:

過敏性大腸炎 です。現在コロネル、セレキノン、大建中湯をふくようちゅうせす。便通もよくなりましたが、 ガスが止まらず腹鳴りもひどくなる一方です。ヨーグルトを食べたり、人と会うときは、トイレに何度も行ったりします。
お腹が鳴ったらどうしようとおもったりして、手足に脂汗をかいたりします。そんなとき、どこかに逃げ出したくなります。最近は、人と会うと思っただけで、お腹がごろごろ鳴り、おならが止まりません。この処方で不安ですが、やめるともっとひどくなりそうで。どうしたらいいのでしょうか。現在は消化器内科の通院して五か月です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

現在の処方に問題はないと考えます。消化器内科で可能な、出来る限りの薬物療法が行われていると考えます。

相談者様の場合、心理的な要因と過敏性腸症候群の関連が強く、悪循環が生じているようです。
これを断ち切るためには心療内科側からのアプローチも必要えあると考えます。
服用されるお薬の種類は一時的に増えてしまうかもしれませんが、抗不安薬や、ある種の抗うつ薬(相談者様がうつ病であると申しているわけではありません)の服用が有効である場合が少なくありません。

消化器内科の主治医と相談して紹介状を作成していもらい、心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問