JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学校3年生の男の子の親です。 自分が興味あるものしか、反応しません。 学校の成績も好きな教科だけ{理科だけ

解決済みの質問:

小学校 3年生の男の子の親です。

自分が興味あるものしか、反応しません。
学校の成績も好きな教科だけ{理科だけ}は、成績はまだよいのですが、他の教科は全てにおいて、関心、理解、態度のらんは、頑張りましょう。

参観に行っても全く手を上げず。本人に聞くと、理科は好きだけど、他の教科は授業がわからないとのコト。


興味がなっかたり、出来ない事は、しない。
親が注意したあとすぐに、また同じコトを繰り返す。理由を聞くと、そんなことはきいていないと答える。

じっとする事ができず、すぐ手遊びや、体をかいたり、目をこする。


小さい頃から、勉強や、習い事をさせて、小学受験をさせました。今でも習い事が多く、親も子も時間におわれています。小さい頃からテレビをみせないなど、いろいろと制限が多く、親からも怒られることが多いです。
実際に、習い事に関しては、私も、毎日の送り迎えがきつく、やめさせたいとお父さんには、言うのですが、理解はしてくれません

子供も精神的にこうなっているのか、もともとの性質なのか、わからなくなって、メールしました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」 「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

一読して、ストレスの多い環境にあるようには思いました。
ご質問は、それに対する反応としてご記載のような状態を呈しているのか、それとも病的なものなのか、ということなのだと理解します。

「私も、毎日の送り迎えがきつく、やめさせたいとお父さんには、言うのですが、理解はしてくれません」とのことですが、小学校受験や習い事はご主人のご意向なのでしょうか?

ご主人はご子息の問題についてどのようにお考えのようでしょう。

仮に、「習い事が多すぎてそれがストレスになっているようですので、少し習い事を減らすべきだと考えます」と回答した場合、それは受け入れられるのでしょうか。

まずこれらの点につき、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

送り迎えがきついなら、子供たちだけでいかせればいいという考えです。


どれもならい事は大切、大人になったらしたくない事もしなければいけないのに、今からついていけないできないで、自立できるのかと。


 


言っている本人は自分のことできてない思うのですが

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

環境要因も考慮すると、ご記載いただいた問題が性格的なものなのか、それが矯正可能なものなのかどうか、もしくは発達障害のような基盤があるのか、判断に迷うところです。

児童相談所を利用されてみることをお勧めします。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機 関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問