JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1年半前に自律神経失調症と前頭頭位めまい症と診断されて、半年ほど薬を飲んでいましたが、副作用がひどく薬を止めました。

解決済みの質問:

1年半前に自律神経失調症と前頭頭位めまい症と診断されて、半年ほど薬を飲んでいましたが、副作用がひどく薬を止めました。
その後、体調 が良くならないので仕事を一年前に辞め(今年4月)、地元に帰りゆったりと過ごしていました。
薬で副作用が出て、また変化があまり感じられなかったので、病院には行っていませんでした。

仕事をやめるまでは、不眠症、めまい、動悸で悩んでましたが、仕事を辞めてからは、朝も昼も夜も寝続けてました。まためまい、動悸はなくなりましたが、何もしてなくても疲れやすい状態が続いてました。

身体を動かせば、体調がよくなるだろうと思い、ピラティスを始め、身体が凄く軽く感じ、また生活も安定してきました。

調子がよくなってきたので、先日、仕事を再開したいと思い、面接に行ってきました。
とても緊張をしていたわけでもなかったのですが、見学をしている最中、突然動悸がして、とても息苦しい状態になりました。その後、英語の長文を聞かされどういう内容かという質問をされたのですが、いつもは分かるものが、頭が真っ白でまったく理解ができませんでした。

次の日は、とても身体が重く、なぜか背中が痛かったり、とても眠たく疲労感でいっぱいでした。
やはり、休養してたとしても、治ってはおなかったのでしょうか?
あるいは、何か別の症状があるのでしょうか?

長々と失礼致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご質問の
> やはり、休養してたとしても、治ってはおなかったのでしょうか?
> あるいは、何か別の症状があるのでしょうか?
に対しては、「休養していた間は症状が表面化しなかっただけで、ストレスがかかることで症状がまた現れたのでしょう 。別の症状が現れたと考えるよりは元の病気がぶり返したと考える方が自然だと考えます」という回答になります。

少し補足情報を下さい。

①「自律神経失調症と前頭頭位めまい症」という診断は、精神科や心療内科で受けられたのですか?

②「副作用がひどく薬を止めました」とのことですが、何というお薬を服用されて、どのような副作用が出たのでしょう?

③ご質問には既にお答えしましたが、改めて精神科や心療内科を受診されるご意向はおありでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


お返事ありがとうございます。

①の答えは、耳鼻科で受けました。小さな頃、新出性中耳炎という病気にかかったことがあり、その後遺症で高校生のときに、メニエール病と診断されたことがあり、めまいがおき、耳鼻科のめまい外来を受診しました。そこでは、メニエール病ではないと言われ、自律神経失調症と前頭頭位めまい症と診断されました。

②薬は、スルピリド錠50mg、エリスバン錠0.25mg、メチコバール錠500ug、アデホスコーワ顆粒10%を一日2錠ずつです。

副作用は、生理不順です。

③精神科や心療内科は受診したことはありません。
大きな病院に行っても、以上はないでしょうでいつも終わってしまいます。
その回答にとても疑問を持ち、こちらに助けを求めさせていただきました。



専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

「大きな病院に行っても、以上はないでしょうでいつも終わってしまいます」とのことですが、身体的検索は済んでいるということになりますから、その意味では精神科・心療内科を受診する準備は整っていることになります。

自律神経失調症はこの世に存在しない、もしくは日本にしか存在しない病気です。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と自律神経失調症を暫定的に定義していますが、国際的な精神疾患の診断基準である「精神疾患の分類と診断マニュアル(DSM)」では、自律神経失調症に相当する疾患の記載はありません。

実際に、他科で「自律神経失調症」と診断された患者様を精神科医が診察すると、うつ病やパニック障害、適応障害などの診断が付くことがほとんどです(と、言いたいところですが、安易にこの病名を付ける精神科医・心療内科医もいます)。

結局、自律神経失調症は、「不定愁訴」を訴える患者様を診察した一般身体科医が、検査によって所見が得られず、診断を付けられなかった場合に、自分と患者様を納得させるために用いる「診断のごみ箱」的病名として用いられている傾向があります。この場合、弱めの精神安定剤や眠剤の投与でお茶を濁されることが大多数ですが、背後に隠れているかもしれない精神疾患の改善にはつながらず、一方で眠剤・安定剤の依存が生じるリスクがあります。
従って、一般身体科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科/精神科を受診して、精神科疾患の有無を確認すべきでしょう。

ご記載を拝読する限り、相談者様が呈されている症状は軽度のパニック発作であるように思われます。動悸を呈する心疾患は既に除外されているでしょうから、精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。
ちなみに耳鼻科から処方されていたお薬のうち、エリスパンはパニック発作に効きますが眠気や依存性といった副作用があり、スルピリドはパニック発作には全く効かず、体重増加や月経不順、乳汁分泌といった副作用を呈します。

以上、ご参考になれば幸いです。

****************************************************
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)におけるパニック発作の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

強い恐怖または不快を感じるはっきり他と区別ができる期間で、そのとき、以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が突然に発現し、10分以内にその頂点に達する。
 (1) 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
 (2) 発汗
 (3) 身震いまたは震え
 (4) 息切れ感または息苦しさ
 (5) 窒息感
 (6) 胸痛または胸部の不快感
 (7) 嘔気または腹部の不快感
 (8) めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
 (9) 現実感消失(現実でない感じ)または離人症状(自分自身から離れている)
 (10) コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
 (11) 死ぬことに対する恐怖
 (12) 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
 (13) 冷感または熱感

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    39
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    39
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    55
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2794
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

神経科 についての関連する質問