JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ほとんど毎日下痢をします。自分でも自律神経からくるのだと思いますが、たまたま更年期の薬としてゲンダシンという自律神経

解決済みの質問:

ほとんど毎日下痢をします。自分でも自律神経からくるのだと思いますが、たまたま更年期の薬としてゲンダシンという自律神経の薬を飲んでるので、これと併 用して病院でのラックビーを飲んでますが、下痢はあります。
もう、電車とかに乗るとトイレが気になり確認しないと落ち着かなく、途中で降りたり、車の渋滞があると、ここで痛くなったらどうしようと思うと、もうすぐにお腹がグルグルと・・・
もう、下痢止めは必需品。出かけるときは、予防のために飲まないと落ち着きません
でも、飲んでいても、下痢する時も・・・
下痢は一度トイレに行くと2~3回は通います。
じぶんでは、大丈夫と言い聞かせながら、きもちを落ち着かせてますが、いつも限界ぎりぎり。

もう、外出はトイレを確認できる所でないとでれません

よい方法か薬はありますか?
お願い致します。                      あき
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。心療内科医です。

この件で、既に、医療機関を受診されているようですが、何科を受診されたのでしょう?
どのような診断を受けられましたか?
いつ頃からご記載のような下痢が始まったのでしょうか。何かきっかけがありましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

胃腸科です。一年くらい前に大腸内視鏡をして、ポリープあり切除しましたが、異常はなく、だいたい胃腸は弱いのですが、こんなに毎日下痢をしたり不安になって行動を起こせなくなった事はありませんでした。
8月末くらいに、病院に行った時も、整腸剤で様子を見ると・・・


 


更年期で婦人科として自律神経の薬ゲンダシンを処方してます。


 


自己判断で、これが自律神経の薬だから、効くのかななんて思ってましたが


違うようです。


 


以前も飲んではいましたが、下痢止めの薬が手放せなくなったのは、ここ3ヶ月くらい、特に最近は予防としても飲まないと心配でなりません。


 


自分の性格は、明るい方だと思いますが、心配性です。


今は、トイレ(下痢、腹痛)が気になって仕方ないです。


寝つきは悪く、1時間以上眠れないとデパス飲みます。


 


3年前にチョットした環境の変化がありいなかから都会に引っ越してきました。


でも、その頃は、全くこのような症状はありませんでした。


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

内視鏡検査まで行われたということですので、既に、胃や腸の器質的な疾患の除外は済んでおられると考えます。ご記載の症状を考え合わせても、相談者様がお困りになられている症状は過敏性腸症候群(IBS)の下痢型によるものである可能性が高いと考えます。

 

【IBSネット】

http://ibsnet.jp/

IBSでは、食事療法や運動療法によるライフスタイルの改善とともに、さまざまな薬物を個々の患者様の状態に合わせてうまく調整していく必要があります。
心身相関について一定以上の専門性を持ち合わせた医師による治療が行われるべきです。
下記のサイトからIBSの治療を行える医療機関ができますので、通院の便がよい病院を見つけて受診されてみることをお勧めいたします。

【過敏性腸症候群(IBS)を診療できる病院】
http://www.cocokarada.jp/hsearch/0007/00/top.html

ただし、相談者様は下痢に対する不安のために社会活動が制限を受けられていますから、一定以上の重症例であると見做されます。治療には時間がかかるかもしれません。
下痢⇒下痢への不安⇒自律神経のバランスの崩れ⇒下痢⇒不安……という悪循環が成立してしまっているからです。
これを断ち切るためには心療内科的なアプローチが必要になってくるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問