JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左手からひじにかけてのしびれがあります。症状かなり前からですが 時々左足の甲から指先にかけてしびれが起きます。

質問者の質問

左手からひじにかけてのしびれがあります。症状かなり前からですが
時々左足の甲から指先にかけてしびれが起きます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

結論から申し上げますと、脊椎を専門に診ている整形外科を受診されて、頸椎や胸椎の病気がないかどうかを検査してもらうべきでしょう。

「 しびれが強いのは小指・薬指と中指」と聞いてまず考えるのは肘部管症候群という病気です。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html

しかし相談者様の場合、年余に渡って症状が続いているにも関わらず手の筋肉の萎縮が現れていないこと、下肢にも症状が出現していることから、神経のより上流、頸椎・胸椎レベルでの障害が起きている可能性を考えます。
頸椎・胸椎に何かの障害(たとえば椎間板ヘルニア)が起きている場合、当初は上肢や上半身に神経圧迫症状が現れますが、進行すると首・胸から下すべてに症状が出現し、最終的には膀胱直腸障害が出現します。

「左手からひじにかけてのしびれ」とのことですから、疑わしいのは第8頸髄神経(C8)と第1胸髄神経(T1)の圧迫です。
http://stat.ameba.jp/user_images/20100617/15/masuikamutsubunben/1d/ee/g/o0238054810595580733.gif

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問