JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

就寝(短時間の昼寝の後も同様)すると内臓の胃部を中心にド~ンと重苦しくそこを中心に体中がだるいのです。朝起床時が一番

解決済みの質問:

就寝(短時間の昼寝の後も同様)すると内臓の胃部を中心にド~ンと重苦しくそこを中心に体中がだるいのです。朝起床時が一番つらく起きてしばらく腰掛ていると少しずつ楽になっていきます。初めは胃が悪いのだろうと思い胃カメラで検査してもらいましたが、特に悪いところはなく、その他の血液検査も以上ありませんでした。で「うつ病」と診断され、投薬を受けその時は3か月で完治しました。一年ごに同様な症状が出たので再審を受け ました、このときは特に検査等なしなく、投薬をうけ約2年半かかって良くなりました。そして半年後また再再発をして抗鬱剤と睡眠導入剤の投薬治療を続けていますが1年経過した今もまったく良くなりません。睡眠導入剤は寝つきは良いのですが、1~1時間半で目が覚めその後30分から1時間おきに目が覚めるから(体がつらいせいもありると思います)飲んでいます。でもほとんど効果はありません。今回は一度起床後の1時間ほどを除いて、日中は良くなっていたのですが、2~3週間前から大変症状が悪くなって、一日中だるくて何もする気になれないほどです。一日で夕方から就寝までが比較的楽な時間帯です。食慾はあります。体重減少もありません。今までに大病を患ったこともありません。64歳男性。退職後は何もしていません。
 このまま治療を続けていればよいでしょうか、それとも大きな病院診てもらったほうが良いでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①現在の主症状も、起床時の胃の重苦しさですか?

②現在の処方内容を教えて下さい。服用されているお薬の名前と、それぞれの1日量をお願いします。

③薬物療法以外にカウンセリングのような心理療法を受けられているでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お尋ねの補足情報をお知らせします。


①胃を中心とした重苦しさとそれに伴う全身倦怠感です。起きて段々内臓(特に胃)が下がってくるような感覚と伴に少しずつ楽になってきます。


②朝→ジメトックス錠1㎎を1錠 夜→デプロメール錠75㎎を1錠 寝る前


→ドラール錠15を1錠とセデコバン錠1㎎ (一週間前まではレンドルミン0.25㎎1錠を処方されていました)


③心理療法は受けていません。


以上よろしくお願いします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

デプロメールに75mg錠はありません(25mg錠と50mg錠です)ので、相談者様が1日75mgのデプロメールを服用されていると考えて回答いたします。

結論から申し上げると、メインの抗うつ薬であるデプロメールの量が足りていない可能性が大です。

うつ病の薬物療法の原点にして頂点は、1つの抗うつ薬による単剤治療です。1つの抗うつ薬を最大耐用量か最大承認用量まで増量し、十分期間(4~6週間) をかけて有効性を評価し、もしも効果が無いようならその抗うつ薬を止め、その抗うつ薬とは異なる効き方をする別の抗うつ薬を十分用量・十分期間試みる…… というやり方で、それぞれの患者様と「相性」のよい抗うつ薬をみつけるべきなのです。

この1年間、デプロメールを増量していないのであれば、デプロメールが相談者様のうつ病に合っているのかどうかを評価できていないことになります。
デプロメールは1日150mgまで使用できるお薬ですので、増量が難しくなるような副作用が現れない限りはそこまで量を増やしてもらうべきでしょう(そういったことを話しやすい主治医ならば、ですが)。

デプロメールを1日150mgまで用いて数週間たっても効果が現れないのであれば、他の抗うつ薬に置換されるべきです。

相談者様の主治医が行っているのは抗うつ薬の「ちょい出し」と呼ばれるもので、うつ病の難治化や遷延につながります。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】

調子が悪くなったからといって、睡眠薬を強いものに変えるのではあまりにその場しのぎの対処に過ぎます。
「一日で夕方から就寝までが比較的楽な時間帯」であるという症状の変化は「日内変動」といってうつ病に典型的な症状の波ですが、日中の不調はあるいはドラールも悪さをしているかもしれません(非常に長く効き、日中まで作用が残る睡眠薬なのです)。

上述の引用記事に示されているように、うつ病をきちんと診られない精神科医が多数派ですので、1年間以上も不調が続き、さらに症状が悪化しているということであれば、他院でセカンドオピニオンを受けたり、転院を検討された方がよろしいかと存じます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答大変参考になりました。ありがとうございました。現在受診しているのは胃腸科(最初胃が悪いと思って検査受診したから)なので、本来の専門病院ではありません。今後も胃腸が悪くなったときに受診したいと思っているので転院は難しいと思いますが検討してみます。それとデプロメール錠ですが薬にも確かに「デプロメール75㎎」と表記してありますが…。

神経科 についての関連する質問