JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

足が勝手に痙攣したようにうごいてしまい、痺れたような感覚があるのですが。 神経内科で首、腰のMRI。神経の伝達の状

解決済みの質問:

足が勝手に痙攣したようにうごいてしまい、痺れたような感覚があるのですが。
神経内科で首、腰のMRI。神経の伝達の状態も調べ他のですが、特に異状は見当たらないとのこと
でした、その前には別の病院の脳神経外科で脳のMRIをとりましたが、やはり特別な異状は無いとの診断でした。ただ今も痺れたというより電気が走っているような感覚で、バランスがとれず
歩行が困難な状態です。何処の科を受診すればよいのかも分りません。是非アドバイス御願い
します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①足の動きは、股関節、膝関節、足首関節のどの関節が動きますか。

②両足でしょうか。

③短時間であればご自分の意思で止められますか?

④眠っている間は足の動きは止ま っているのでしょうか。

⑤「電気が走っているような感覚」は、下肢のどの部分にあるでしょうか? 太ももにもありますか? 膝下でしょうか。足首から先でしょうか。

⑥持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
※回答が夕方以降になるかもしれません。ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

はじめは右足でしたが、今は両足です。杖をつけばどうに歩ける状態で特に膝関節が硬直して就寝時から起き上がるのが大変です。眠っているときは多分意識していないだけだと思います。意識していれば短時間、数分の単位で動くことは止められます。電気が走っているような感覚は太ももまで全体です。最近は座っていると尾てい骨が痛くなります。


今は処方されたビタミンBを服用していますが、現在常用薬はありません。自宅が別なので、回答は明日でも結構です。よろしく。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「Painful legs and moving toes」という疾患の可能性を考えます。

【Painful legs and moving toes】
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/pain-knee.html (最下段参照)
http://blog.goo.ne.jp/pkcdelta/e/7745a88d878e02c69456219d3b6a0ae1

神経内科領域で取り扱われるべき疾患ですが、報告症例数が少なく、原因不明で、存在も知らない神経内科医も少なくありません。

大学病院規模の神経内科を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。MRI等受診した病院はいずれも大学病院、脳のMRIは日赤ですが、画像の判断はかなり専門性が必要とされるものなのでしょうか。以前、アメリカの看護士の方が書いた著書の中で多発性硬化症の


症状に近いところも考えられるように思いますが。さらに詳しい検査ではどのよう


な検査が考えられるでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

多発性硬化症は、病状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、病変部位もその時々で変わっていくのが特徴ですから、長期経過で見た場合には相談者様の症状には合致しないように思われます。

Painful legs and moving toes(PLMT)であった場合、そもそもの原因が不明ですから、新たに検査が行われることはないであろうと考えます。
診察医がこの病気を知っているかどうかが全てで、これまでの検査所見から他の疾患が否定された場合に、消去法で診断が付く疾患です。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問