JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。51歳女性です。形成斜頸と診断されて3カ月ほどになります。現在は ホリゾン2mmを1日3錠服用していま

質問者の質問

はじめまして。51歳女性です。形成斜頸と診断されて3カ月ほどになります。現在は ホリゾン2mmを1日3錠服用しています。肩から背中にかけてのこわばり感は薬の服用によって軽減されますが、顔が横を向いてしまう症状は治りません。ボツリヌス注射では完治しないと聞いたので、投薬のみで経過を見ている状況です。
事務系の仕事なので、かなり不自由しています。
よろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

痙性斜頸の治療は、現在どちらの診療科で受けられているのでしょうか。

②これまで試された治療法はご記載のものが全てと理解してよろしいでしょうか。

痙性斜頸は3ヶ月前に突然発症されたのでしょうか? 原因不明の「特発性」ジストニアですか? それとも、例えば服用されていたお薬の影響といったような、特定の理由が判明していますか? 脳のMRIは撮影されましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※これから移動いたしますので、回答が少し遅れるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございます。

現在は神経内科で診察を受けています。数年ほど前から肩こりがひどく、その影響で首もおかしくなったのではないかと。(自己判断していました)仕事に支障がでるほどになってしまったのは1年ほど前からです。パソコン入力や文字を書いたりする時に特に症状が出る気がします。MRIは受けましたが頭が動いてしまうのでぶれた画像しか撮影できず、診断には至りませんでした。なので、原因は不明です。今まで受けた治療は投薬治療がすべてです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

痙性斜頸は、首や肩の筋肉が不随意に緊張し、頭部が不自然な方向に傾いたり曲がったりしてしまう病気です。
原因は不明で、難治です。
筋弛緩薬、抗てんかん薬、抗不安薬(ホリゾンは抗不安薬の一種です)などがある程度は有効ですが、効果は限定的です。

筋肉そのものにアプローチして異常緊張を和らげる方法としては、muscle afferent block(MAB)治療と、最初に相談者様がご記載のボツリヌス毒素(ボトックス)治療があります。

【muscle afferent block(MAB)治療】
http://www.tokushima-hosp.jp/about/8.pdf

【ボツリヌス治療】
http://botox.jp/clinicians/botulinus/botulinus_001.html

残念ながら現在のところ痙性斜頸を完治させる治療法は無く、これらの局所注射療法が有効性とその持続性、安全性の上で優れていると評価されています。特にボトックスは痙性斜頸に対する保険適用が認められるようになってから広く用いられるようになっています。

痙性斜頸は症状が長引けば長引くほど、収縮している筋肉の硬化が進んで二次的に悪化していきますから、完治は望めなくとも月単位での効果が期待できるボトックス治療をできるだけ早期に受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問