JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

身体化障害と熱、どう付き合えばいいのでしょうか。

解決済みの質問:

身体化障害と熱、どう付き合えばいいのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①「歩けない、しゃべれない」といった症状はいつから始まりましたか? 今回が初めてでしょうか。

②このことで精神科・心療内科に通われていますか? 身体化障害という診断はそういった専門医が下したものでしょうか。

③現在、身体化障害についてどのような治療を受けられていますか?

④差し支えなければ相談者様のご職業を教えてください。

⑤子供時代、学生時代、成人してから、社会に上手く適応されていましたか? 身体化障害があるとしたら、誘因となったストレスは何でしょう?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
①に対して
 歩けないのは、も14年前になります。喋れないのは、この2ヶ月ぐらいになります。

②に対して
 精神科の先生が診断されました。
 今、入院してる内科の先生にも、同じことを言われました。

③に対して
 今、入院中で治療は受けれてない状態です。内科に入院中。退院したら、今まで通院してた心
 療科 に通院するよていです。
   (入院の理由は、痙攣発作です。ですが、原因不明です)

④に対して
 会社員で、パソコンのオペレーターです。

⑤に対して
 学生時代に、母の死。社会人になり、父の死、そして、お付き合いをしてた人の死、職場にも
 あまりなじめてないです。
 淋しい、仕事は、お局様といわれる方々との付き合いにストレス感じてます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

身体化障害は、精神的なストレスが身体症状として現れてしまう体質のようなものですから、基本的には「症状がありながらも普通の生活」という森田療法的なアプローチのもとに症状を付き合っていく必要があります。

発熱の原因となる疾患や検査所見が認められないのであれば、これも身体化障害の症状のひとつと見做されるべきでしょうが、40℃にも達する発熱は典型的なものではありません。
マイコプラズマの感染もあったわけですから、こちらはもう少し慎重に検査が重ねられるべきであったと思います・

むしろ、現在の入院の原因となっている痙攣発作の方が身体化障害の症状としてはしばしば見られるものですが、神経内科や脳神経外科ではなく、内科に入院していて十分な検査が行えるものでしょうか。

身体化障害の患者様にも、本当に体の異常が生じる場合がありますから、新しい症状が現れた場合には都度適切な検査が行われるべきです。

全ての症状が身体化障害によるものであるという前提で回答するのであれば、それらの症状は「助けてほしい、気にかけてほしいと訴えるコミュニケーション手段」ですから、建設的な方向でストレスを言語化し、周囲の援助を求められるようなコミュニケーション能力を獲得するよう努められるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問