JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

77歳の父から相談をうけました。 睡眠薬の断薬症状で悩まされているようです。 とくに夜の不眠がつらいようで、眠れ

解決済みの質問:

77歳の父から相談をうけました。
睡眠薬の断薬症状で悩まされているようです。
とくに夜の不眠がつらいようで、眠れても
悪 夢に悩まされ、昔のことが妄想となって
夢にでてくるようです。また、どんなことでもマイナス面ばかりが
きになるようで、睡眠薬がないと、眠れないようです。

最寄りの内科の先生から処方される睡眠薬(名称は不明)
を常服しているようですが、副作用でしょうか?

また、軽度の脳梗塞を患っており、また高血圧症で、
昨年は肺炎をこじらせてから胸膜炎になったり、年々弱ってきています。

夜にぐっすり眠らせてあげたいです。
内科だけではなく、神経科、心療内科などどこに相談をすればいいでしょうか?
アドバイスのほどよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

お父様が服用された睡眠薬の種類がお分かりにならないとのことですが、文脈からは非専門医から処方されたもののようですから、ハルシオンやマイスリーなどの一般的な睡眠薬でしょう。これらはすべてベンゾジアゼピン系という薬物群に属しますが、その依存性がようやく日本でも社会的に認知されつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60182

断薬症状が出ているということは、お父様は一定期間睡眠薬を服用された後に、何らかの事情で服薬を止められたのでしょうか。

ただ、これは断薬との前後関係を確認しなければなりませんが、「どんなことでもマイナス面ばかりがきになるようで、睡眠薬がないと、眠れない」ということならば、これは断薬症状ではなく、もともと何らかの精神疾患があって、その1症状として不眠が出ている可能性が高いように思えます。具体的にはうつ病で、単なる不眠症ではないのかもしれません。

脳梗塞の既往がおありであるとのことですが、これはうつ病発症の危険因子です。
7割の患者さんが脳梗塞後にうつを呈するとされています。
時間経過とともに改善することもありますが、精神科/心療内科を受診し、うつ病としての治療を受けた方がよい事例も少なくありません。

社団法人日本脳卒中協会のサイトからの引用です。ご参考まで。
なぜうつになるのか
頻度と発症時期
症状と早期発見のための方法
治療方法とその効果
新世代の抗うつ薬 ―そのメリットと注意点―
家族が注意すべきこと
ZungのSelf-rating Depresson Scale

単なる不眠症や睡眠薬の離脱症状との鑑別も含めて、精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問