JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中
神経科

84歳の父親が高血圧で長年降圧剤を服用していて、10年以上前から病院が変わり、安定剤として田辺製薬のデパスという錠剤

の薬を一日に3錠服用してきました。
4年ぐらい前に一時的に足が立たず自力で立ちあられず、2年前にも同様の症状が出て、今回、月一回の検診の時37.3~4度の発熱があり、頓服 をもらい36.6~37.0くらいで推移していますが元気がまったくなく、車の運転もできなくなり、血圧も上が140~180、下が95~105ぐらいです。
本人は血圧のせいで体調が悪いだけと病院へがんとして行こうとしません。
脈も70歳ぐらいまでは55ぐらいが病院を変わってからは70から85になってます。
デパスという薬が長年にわたって体をおかしくしたのではないかと、思うのですが、
どういう対応をするべきでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
神経科 に関する質問をする
返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

デパスは、世界的にはマイナーながら、日本ではもっとも多く使用されている精神安定薬です。
即効性があり、強い抗不安作用を発揮しますが、それ以外にも筋弛緩作用が強いという特徴があり、筋肉の緊張が原因となる疾患、例えば腰痛などにも保険適応があります。
このため、整形外科などでも頻用されるお薬です。

高血圧の患者様は、精神的な緊張のために血圧が上がることがあるため、その緊張を緩める効果を期待して処方されたものと思われます。これもまたしばしば見受けられるデパスの使われ方です。

結論から申し上げれば、「デパスという薬が長年にわたって体をおかしくした」ということはありません。「足が立たず自力で立ち」上がれないという症状は、おそらくデパスの作用である筋弛緩作用のために起こったのでしょう。
10年以上服用されているということですが、加齢とともに筋肉の量や筋力は衰えてきますから、昔は筋力でマスクされていた副作用(使い方によっては作用です)が80歳を過ぎて現れてきたということでしょう。

元気がないのも同様です。デパスは安定剤の中では鎮静作用が強いお薬なので(眠剤代わりに使われることがあるくらいです)、84歳のご老人が服用されれば、「元気がまったくなく」なりもするでしょう。それとは関係なく、デパスを含む精神安定剤は注意力を低下させますので、服用している限りは自動車の運転は禁止すること、とされています。

また、70歳以降、肝臓の機能は急速に低下しますから、お薬が代謝しきれなくなって体にたまりやすくなっていきます。これも副作用が強く現れるようになった一因でしょう。

したがって、デパスを止めれば現在認められている副作用は数日で消褪します。
しかし中止はできない可能性が高いでしょう。
デパスは非常に依存性が強いお薬で、長期の服用の後に中止すると、強い離脱症状(いわゆる禁断症状)が現れるからです。この中にはてんかん発作のような致死的なものも含まれます。
依存は3~8か月の服用で生じます。1日3錠を十数年も服用していれば依存が生じているのは間違いがないでしょう。
時間をかけて減量、中止すべきですが、これには、主治医の専門的知識(おそらく高血圧に対してデパス処方した医師は、デパスの副作用や依存性を知らないと思います)が求められます。
場合によっては、専門医である精神科を紹介してもらう必要があるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 5 年 前.
ご参考まで。
http://118.82.92.190/blog/archives/2006/12/_6_1.html
猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 5 年 前.
リンクが張れる環境になりましたので張りなおして起きます。
http://118.82.92.190/blog/archives/2006/12/_6_1.html

回答の要旨は「
デパスという薬が長年にわたって体をおかしくした」のではなく、脳の一部を変質させた、ということになります。

ご質問には過不足なく回答したと自負しております。
質問者の返答 返答済み 5 年 前.
今後、どのよな対応をすればよいのですか?
猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

前述したとおりです。
このままだとお父様の体調はデパスの副作用によってどんどん悪くなっていく可能性があります。健忘症も現れてくるでしょう。
しかし急にデパスを止めては、禁断症状で生命に関わる事態にもなりかねません。

デパスを処方した医師は、デパスの副作用や依存性に関する知識が無いと思われますので、向精神薬の専門家である精神科医を紹介してもらい、デパスの漸減に取り組まれるべきです。
しかしその精神科医にしてからが以下のような有様です。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60182

大学病院クラスの医療機関の精神科を紹介してもらうのが無難かと存じます。

神経科 についての関連する質問