JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

27歳の息子のことですが、ここ一週間動悸が激しく食欲もあまりなく心配してます。 考えられる原因は好意を持っっていた

解決済みの質問:

27歳の息子のことですが、ここ一週間動悸が激しく食欲もあまりなく心配してます。
考えられる原因は好意を持っっていた女性から人間性を指摘され本人も素直にそれを受け入れ
これから変わろうと努力していることです。こんな事が原因で脈打つほど動悸が激しくなるものか何か薬があるのかこのまま傍観していてよいものやら。。。

どのように対処すべきか悩んでいます
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

発作性頻脈のような心臓の病気や、動悸を起こす他の身体疾患は無いという前提で回答させて頂きます。

ご記載を拝読する限りは、ご子息の症状はうつ病の再燃であると思われます。

「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われまし たが、うつ病に関しては慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を 継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。
ご子息はご自分のうつ病が環境要因によるものと自己判断されて服薬を止めてしまわれたようですが、これは正しい選択ではなかったでしょう。

さらに宜しくなかったのは、転職をされたことです。
転職を含む環境変化はうつ病の発症・増悪因子です。五月病という言葉があることから想像していただきたいのですが、最初は前向きに頑張っていても、少 しすると疲れが出ます。
うつ病が治ってもいないうちに断薬し、環境を変え、疲れが出てくる頃に好意を持っっていた女性から人間性を指摘されたら、うつ病の症状が再び現れても全く驚くには当たりません。
人間性を指摘されたことは、複数の要因のひとつに過ぎません。

変わろうと努力しているとのことですが、うつ病が治りきっていないうちは努力はほどほどにされるべきでしょう。
まずは前向きに努力できるよう、心療内科を受診され、うつ病をしっかりと治されることです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
うつ病の再燃という回答でしたが、そのような場合動悸が激しいということはあるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

動悸はうつ病の自律神経症状としてしばしば認められます。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問