JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

27歳の女性(長女)のことで相談いたします。15年以上、元気な時期と落ち込む時期を繰り返して、元気な時期は家業(

質問者の質問

27歳の女性(長女)のことで相談いたします。 15年以上、元気な時期と落ち込む時期を繰り返して、元気な時期は家業(宿と飲食店)を手伝っていますが、落ち込んでくると1週間(3~10日)ほどとじこもります。近くの心療内科で処方してもらったデプロメール25ミリを1日4錠飲んでいますが、本人が通院を拒否するために5年ほど同じものを飲み続けています。 ここ2,3ヶ月のあいだに4回ほどとじこもり、以前より回数が多くなっています。また最近は「死にたい」ということを強く言うようになり、食欲も落ちて吐き気を訴えています。 元気な時は仕事をよく手伝い、家族の食事もいろいろ工夫して作ることが好きですが、人との継続的な付き合いが苦手で気持ちの負担も大きいようです。 また、元気な時は都会に行ってショッピングをするのが好きですが、長野県に住んでいるためになかなかその機会を作れず、気持ちを滅入らせることがたびたびあるようです。 家族は家内と私と娘の3人で、他にネコがいます。 娘を病院に通わせて、もう少し積極的な治療を行いたいのですが、有効な治療法はあるでしょうか?また本人が通院を拒む場合の助言もご教示いただけますでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご投稿時点からご質問を拝読していましたが、回答は控えさせていただいておりました。
と申しますのは、「受診したがらない患者にどうやって受診を促すべきか」というご質問はこのサイトでは一定数(精神科カテゴリでは1日1件以上はあります)いただくのですが、回答をしてもご承諾をいただけないことがほとんどだからです。

「承諾」をいただけない限りはこのサイトの専門家は、それまでにどれだけの時間を割き、情報を提供してもタダ働きになります。

お嬢様の診断はうつ病(+もしかしたらパーソナリティ障害)のようにお見受けします。仰るように、もっと積極的に治療は受けられるべきでしょう。ルボックス以外のお薬や、認知療法なども試されるべきかもしれません。そのためにはご本人の受診が不可欠です。
しかしご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言がで きるわけもありません。
うつ病の場合、法的に受診を促す制度もございません。
受診までは、家族が何とかしなければならない部分なのです。

結局、回答は「お嬢様を何とかして定期的に受診させてください」ということにならざるをえません。
しかし「それが出来ないから困っているのだ!」という、お叱りに近い返信で膨大なやり取りが帳消しになってしまうことがこのサイトではしばしばです。

従ってどの専門家も積極的には回答したくないタイプのご相談なのですが、放置状態が続いているようですので、回答させていただきました。

以上、ご参考になれば幸いです。

神経科 についての関連する質問