JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

4,5年前から、右手小指のほうに痺れを感じていました。 右手ひじの内側の突起部分に少し痛みを感じたり、手のひらを上

解決済みの質問:

4,5年前から、右手小指のほうに痺れを感じていました。
右手ひじの内側の突起部分に少し痛みを感じたり、手のひらを上に向けひじを伸ばして寝ていたらひじが
痛んだりします。4月頃から箸が使いにくくなりました。
手の痺れは全体に広がるように感じます。
右手親指と人差し指の間にある筋肉が左手と比べ薄くなっていることに先週気がつき、心配になりました。
どのようにしたら、改善できるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

相談者様が呈されている症状は、典型的な肘部管症候群のものだと思われます。
診断については聞かされていないのでしょうか?
http://www.joa.or. jp/jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html
※現在、リンクを張れない環境です。上記URLをコピー&ペーストしてご使用下さい。

保存的治療としてはビタミンB12の服用と肘関節の安静が挙げられますが、筋肉の萎縮が現れているとのことですから、手術適応だと考えます。

神経移行術を施行することになりますから、専門医(じょ上肢を専門とする整形外科医)による手術が必要になるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問