JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

突然のご質問で大変恐縮です。 昨日、一昨日と、断続的とは言えないまでも、一日の内に何度か左側頭部のほんの一部分が、

解決済みの質問:

突然のご質問で大変恐縮です。
昨日、一昨日と、断続的とは言えないまでも、一 日の内に何度か左側頭部のほんの一部分が、かなり弱くですが圧迫されるような感覚を覚えました。今日は全く症状はなく寧ろすっきりしているような感じです。私は25年前に頚椎骨折をした事があり、ここ数年でやや後遺症なる首の痛みや首から肩にかけての張りなどを感じる事が一年の内に何度があります。今回の圧迫感はその神経痛から来たものなのか、それとも脳血管等の病気の前兆なのかを知りたくご質問させていただきました。如何なる可能性のあるものなのかご教授いただけないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

万全を期するならば脳神経外科か神経内科を受診されて脳のMRIを撮影されるべきですが、おそらくそれには及ばないでしょう。
脳血管障害(脳内出血、脳梗塞)に基づく感覚障害ならば、進行するか、少なくとも1日のうちに症状が消えることは考えがたいからです。

既往歴から考えると頸椎の変形に基づく局所の末梢神経の圧迫によるもので、頭位の変化によって頸椎に対する頭の重みのかかり方が変わって、症状が出たり消えたりするのだと思われます。

年齢のご記載がありませんが、頸椎は、骨折の既往がなくとも経年的に変形し、神経症状を呈することがありますから、これを機に、一度整形外科で頸椎の状態の評価をしてもらった方がよいかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答有難う御座います。

当方の年齢は38です。その圧迫感があった昨日一昨日も、先に申し上げた通りの首から肩にかけての神経痛がありました。先生の仰る通り、頸椎の変形に基づく末梢神経の圧迫によるものなのでしょうか、、Yellこれは、今後の経過の可能性として、その圧迫から脳神経や脳血管へ悪影響を及ぼす場合もあると考えられるでしょうか?

 

また、当方の生活環境として、喫煙は1日一箱程度、飲酒は月に4,5回たしなむ程度、仕事は肉体労働ではありませんが終日体を動かすもので10時間~12時間、睡眠時間は平均6時間程です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の頸椎のレントゲン写真やMRI画像を拝見していませんので確定的なことは申し上げられませんが、現在お困りになられている頸部の症状は頸椎の変形によるものである可能性が高いでしょう。

頸椎の変形が脳神経や脳血管影響を及ぼすことはありません。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問