JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左足麻痺及び左太もも痛み

解決済みの質問:

左足麻痺及び左太もも痛み
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です 。

文脈から、この場合の「足」とは、股関節から下と解釈致します。

脚の前面の感覚や運動は大腿神経、後面の感覚や運動は坐骨神経によって司られています。
相談者様の場合、左脚の前面の運動障害と痺れを呈されているようですから、もっとも可能性が高いのは左の大腿神経麻痺です。
確率的にはこれは、腰椎の椎間板ヘルニアや脊椎すべり症によって起こることが大半です。

座って過ごす時間が長かったということですが、座位では、立位に比べて1.5倍の負荷が腰椎にかかります。この事が大腿神経麻痺を引き起こした可能性が高いものと推察します。

水分補給が少なかったということで血管閉塞性の病態も考えなければなりませんが、その場合は脚の前面と後面でそれほどクリアに感覚障害の起こり方が分かれることはありませんから、まずは神経性の病態を念頭に神経内科を受診されるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問