JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは。私は30代の独身女性で5~6年前より「うつ病」の薬物療法を心療内科でしています。父・母・私の3人で暮らし

解決済みの質問:

こんばんは。私は30代の独身女性で5~6年前より「うつ病」の薬物療法を心療内科でしています。父・母・私の3人で暮らしています。現在、自宅から通える所で働いています。

私の症状は一進一退の状況ですが、さらに2年ほど前から母(65歳)の態度がおかしいのでは?と父から相談を受け、私も同じ意見だったため本で調べてみたところ「強迫神経症」ではないか?ということに。

最近(病院へ行く前)の症状としては 以下のような行動です。

①何回も同じ箇所を確認する(一時間や二時間で電気を消して暗闇の中でも確認している)
②一人言が多い(声も他人に聞こえるくらい)
③自分のテリトリー(特に台所)を勝手に扱われると怒る
(後で何度も他人がした所をやり直す事もある)
④何事も焦っている事が多い
⑤同じ箇所だけを集中して掃除するので周りが汚れていても気にならない
(私が同じ箇所を含め周りを掃除していても気にならない様子)


※現在は、家族(家の中)だけでの行動なので、ご近所や外出時には、上記の行動は出ていないようですが、私も自分の病気で余裕がないため、今後の事を考えると認知症などに悪化しないかなど不安です。


数日後、本人も納得の上、私が通っている心療内科にて診察していただき、やはり思ったとおりの病状でした。母も薬物療法をはじめ最初の数ヶ月は、以前より回復しているとわかるくらいだったのですが、ここ数ヶ月前から病院に行く前と同じくらいか、それ以上に戻ってしまったように思います。
本人に、あまりストレスを与えると病状がひどくなると思い、本人の行動に意見したりはしていませんが、あきらかに戻っている様子です。今度、私の受診時に担当医に母のことを言ってみようかと思っています。

私も、母の行動は自分の性格や病気のせいではないかと思ったり、イライラが募ってきていたりするので、それも兼ねて相談してみようかと思っているところです。

何かアドバイスや助言などがありましたら教えていただけると気持ちが楽になりそうで、思い切って、こちらに投稿させていただきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

たしかに、お母様が示されている症状は、強迫性障害で説明できるものだと考えます。

確認行為と不潔恐怖は強迫性障害でもっとも頻度が高い症状ですし、強迫観念のテーマとなる対象以外の清潔にはむしろ無頓着なのもこの疾患の特徴です。
理由は2つありえて、1つは対象の清潔を保つことにいっぱいいっぱいになってしまい、他のことをする時間がない場合と、もう1つは上記リンクにもあるように、「本人にとって不潔とされるものを触ることが強い苦痛となるため、逆に身体や居室に触れたり清掃することが できずに、かえって不衛生な状態に発展する場合」です。

典型的には、不潔恐怖を惹起するような刺激に接することを恐れて引きこもりがちになり(回避傾向といいます)、一方でたまったストレスのために内弁慶になります。

強迫性障害と考えた場合、薬物療法だけで治療を進めていることが症状が安定して改善しない原因のひとつかもしれません。それ以前に薬物療法も不十分かもしれませんが。

OCDの治療は、必要十分量のSSRIを用いた薬物療法と、行動療法(曝露-反応妨害法)の組み合わせが国際的な標準治療です。

SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、強迫観念を消褪させると考えられています。通常の精神安定剤にその作用は期待できません。

行動療法も、単独では非常に患者様の心理的負担が大きくなりますので、まずSSRIを用いて強迫観念を緩和して上で、行動療法で強迫行為にアプローチする方法が主流です。

日本では、SSRIをOCD治療用に適切に使える精神科医は少数派で、行動療法となると、行われている施設すら限られますが、インターネットなどで検索して、この標準治療を行える医療機関でセカンドオピニオンを受けられるのも一案かもしれません(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。

行動療法的なアプローチの基本概念はこのサイトが参考になると思います。
【九州大学病院精神科行動療法研究室】
http://www.npsybt.jp/


以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問