JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14343
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母(70歳)がパーキンソン病の疑いありと診断されました。てんかんの持病があり服用しています。亡くなった祖母もパーキン

解決済みの質問:

母(70歳)がパーキンソン病の疑いありと診断されました。てんかんの持病があり服用しています。亡くなった祖母もパーキンソン病と診断されていました。離れて暮らしている為詳しくはわかりませんが、母は現在てんかん、コレステロールの薬を服用しています。あまり薬漬けにしたくありません。薬を服用しないで生活する方法はあるでしょうか、又、服用しないと悪化するでしょうか。今は右手足と唇の震えがあります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

パーキンソン病であるという前提で回答いたしますが、これは慢性進行性の疾患であって、自然経過に任せれば寡動、固縮、振戦といった症状が進行し、誤嚥による肺炎や、転倒による骨折等の合併症を呈するリスクが高くなります。最終的には、パーキンソン病の症状そのもので体ががちがちに固まって食事を摂ることもままならなくなります。

抗パーキンソン病薬はこのパーキンソン病の進行を止めるお薬ではありませんが、パーキンソン病の患者様の脳内で枯渇していくドーパミンという神経伝達物質を補ったり、その働きを補助することでパーキンソン症状を緩和します。
定位脳手術という外科的治療を除いては、薬物療法以外にパーキンソン病の症状を改善する治療はありません。

実際、パーキンソン病の薬物治療は、進行するにつれて剤数が増え、「薬漬け」になっていくのですが、私個人の見解としては、薬を飲むメリットが、デメリットをはるかに上回ると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問