JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私今パチンコにはまっていて これってパチンコ依存症ですか? 実は前の仕事は土日休みの極普通の会社だったんです

解決済みの質問:

私今パチンコにはまっていて
これってパチンコ依存症ですか?

実は前の仕事は土日休みの極普通の会社だったんですがその会社が倒産し今は福祉関係の方付いたんです
福祉の仕事は決まった休みじゃ無いためどうしても平日休みに成ってしまって行き場のない私は
軽いつもり でパチンコをして居たのですが其れも前は1ヶ月~3ヶ月の間に2回くらい行く程度お金の方も3000円~5000円使う程度だったんですがぁ   今では休みのごとくで金銭的にも1回当たり2万~4万つぎ込む用に成ってます  どうしたら良いと思いますか?

ちなみに
私は4児の母です  


















ちなみに私は3児の母でもあって
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご記載を拝読する限り、相談者様がパチンコ依存症の診断基準を満たす可能性は高いと思われます。

専門の医療機関で確定診断と治療を受けられるべきですが、なかなか専門の医療機関が無いのが現状です。
医療機関が見るから無い場合は(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)、自己治療を行うことになるでしょう。
http://www.geocities.jp/joininthelaughter/pachiizonshou.html

【ギャンブル依存症の診断基準】

以下に示す10項目中、5つ以上該当した場合、ギャンブル依存症が疑われます。
  1. ギャンブルにとらわれている(例:ハンデイをつけること、次のギャンブルの計画を立てること、ギャンブルをするための金銭を得る方法を考えることにとらわれている。)
  2. 興奮を得たいがために、賭け金の額を増やしてギャンブルをしたい欲求。
  3. ギャンブルするのを抑える、減らす、止めるなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある。
  4. ギャンブルするのを減らしたり、または止めたりすると落ち着かなくなる、またはイライラする。
  5. 問題から逃避する手段として、または不快な気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑うつ)を解消する手段としてギャンブルをする。
  6. ギャンブルで金をすった後、別の日にそれを取り戻しに行くことが多い。(失った金を深追いする)
  7. ギャンブルへののめりこみを隠すために、家族、治療者、またはそれ以外の人に嘘をつく。
  8. ギャンブルの資金を得るために、偽造、詐欺、窃盗、横領などの非合法行為に手を染めたことがある。
  9. ギャンブルのために、重要な人間関係、仕事、教育または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある。
  10. ギャンブルによって引き起こされた絶望的な経済状態を救うために、他人に金を出してくれるよう頼る。
質問者: 返答済み 5 年 前.

私自信すごく意志が弱い人間だと思っています

 

たぶんこれからもです

 

薬を使ってる人は目に見えて来るから分かるけど

依存症は

外に出て来ないし表情が分からない

 

私が依存症かなと思ったのは2年くらい前で

 

会社の人達に打ち明けた事も有ったけど

誰も本気にもしてないしアドバイスって言うのもなくて

自分なりには精神科のカウンセラーなんて受けようか迷った事もあるんですが?

どうしたらいいのかも分からず

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

精神科のカウンセリングを受けられてみるのは悪くないアイデアだと思います。
精神科医の間でも、パチンコ依存のような疾患に対する温度差があって、あまり相手にしたがらない医師がいるのも確かです。
臨床心理士がいて、カウンセリングを行っているクリニックなどであれば、理解度は高いであろうと期待されます。

依存克服の鍵はご本人の治療意欲なので、それを維持させてくれるようなカウンセラーと出会えればよいのですが。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問