JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は70才の女性です。昨年6月6日~19日まで脳出血(右脳)で2週間入院しました。点滴でした。退院する時点では左足小

解決済みの質問:

私は70才の女性です。昨年6月6日~19日まで脳出血(右脳)で2週間入院しました。点滴でした。退院する時点では左足小指あたりに少し痺れとふわっとしたような違和感あった位でとても軽く喜んでいました。2週間後位から足裏に動物の肉球のようなぶくぶく感がとてもいやな気持ちになり、日毎に痺れと痛みが強 くなりました。入院時から血圧は正常です。毎日測っています。退院してからは9月2日にMRIを撮りましたが出血や異常はありませんでした。次回は今月の18日に撮ります。リリカを2ヶ月半飲みましたが副作用が強く今はメチコバールを一日3回服用しています。最近ではふくらはぎ、足首、足裏の痺れ、痛みが強く立つ動作や歩く動作がとても辛く気分が悪くなります。今までトレーニングジムで軽い運動をしたり歩いたり頑張っていました。何か少しでも痺れ痛みが軽減する方法はありますでしょうか。教えていただければ幸いです。よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①昨年起こった脳出血(右脳)の出血部位をもう少し詳しく教えていただくことは可能ですか?

②お困りの痺れ痛みに関する主治医の見解を教えてください。

③「最近ではふくらはぎ、足首、足裏の痺れ、痛みが強く立つ動作や歩く動作がとても辛く」とのことですが、これらはすべて左足の症状で、右足は何ともないのでしょうか?

④持病や常用薬があったら教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答いたします。

①部位は、はっきり分かりませんが視床下部辺りと思います。運動神経まで出血がいかなくて良かったと言われました。

②後遺症はだれにでも多かれ少なかれ出ますと言われました。退院間も無い頃リハビリの件を聞きましたが、麻痺しているわけで無いので必要ありませんとのことでした。しっかり歩きなさいと言われました。今年の3月18日の診察ではこの時期は寒いので暖かくなったら楽になるかも知れないと言われました。しかし最近になって痺れ、痛みが強くなる一方ですので何か手立てがあるのかご相談しました。痺れはいつもピリピリ、チリチリ、靴下の上から触っただけでも強い電流が走る感じで、とても毎日気分が悪いです。特に足裏です。

③全て左足です。最近では腰の左側が痛くなっています。右側は全て大丈夫です。

④何もありません。

よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様が困られている痛みは「視床痛」と呼ばれるものであると思われます。
視床下部を含む視床は感覚の中継点で、この部位には痛覚や味覚、嗅覚といった感覚に関与する神経核が集 中しています。
左足が痛いとき、人は左足で痛みを感じているわけではありません。左足に痛み刺激が加わると、末梢神経がそれを脊髄に伝え、脊髄を走る痛覚線維がそれを視床に届け、さらにそこで中継されて上位の脳に達して、初めて「左足が痛い」と認識されるのです。

逆に申し上げると、この痛みを伝える経路のいずれかに障害が生じ、誤信号を送ると、左足に何も起きていなくても脳は「左足が痛い」と認識します。
視床に障害が生じることで脳のこの誤認識が生じるのが視床痛です。

【参考サイト】
http://sisyoutuu.yaruman.org/3.html
※現在、リンクを張れない環境です。上記URLをコピー&ペーストしてご使用下さい。

まず、主治医に相談者様の苦しまれている疼痛が視床痛である可能性が無いのかどうかを確認してください。恐らくその可能性は否定されないでしょう。
その場合、紹介状を作成してもらってペインクリニックを受診されるべきです。

残念ながら、視床痛に対しては確立した治療法はありません。
しかし今よりは積極的に疼痛に対するケアを受けられるはずです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。出血部位について最初に行った病院でのCT撮影での部位が頭にいつも残っていましたので位置名称をはっきりしないまま回答してしまいました。CT画像が手元にありましたのでお知らせします。右 脳の上下、左右二分の一の丁度中心部辺りが直径2センチ出血していました。水中ウォーキングで良くなった方もいらしたようですが私も入院するまで通っていましたが、冷えについてはどうでしょうか。今はプールは休んでいます。氷のように冷たい感覚と焼け付くような感覚もあります。ペインクリニックでの治療とはどのようなものですか。先日NHKの番組で漢方や鍼灸のことを観ましたが効果はありますでしょうか。いろいろと質問させて頂きましたがよろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。出血部位について最初に行った病院でのCT撮影での部位が頭にいつも残っていましたので位置名称をはっきりしないまま回答してしまいました。CT画像が手元にありましたのでお知らせします。右脳の上下、左右二分の一の丁度中心部辺りが直径2センチ出血していました。水中ウォーキングで良くなった 方もいらしたようですが私も入院するまで通っていましたが、冷えについてはどうでしょうか。今はプールは休んでいます。氷のように冷たい感覚と焼け付くような感覚もあります。ペインクリニックでの治療とはどのようなものですか。先日NHKの番組で漢方や鍼灸のことを観ましたが効果はありますでしょうか。いろいろと質問させて頂きましたがよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
水中歩行ですが、これはやってみなければわからないところがあります。
温度覚に関係する神経核が脳梗塞に巻き込まれていた場合、水温に対しても過敏な反応を呈されるかもしれません。

ペインクリニックでは、神経障害性疼痛に対して有効とされるいくつかの薬が試されるでしょう。麻薬性鎮痛薬も試みられるかもしれません。漢方薬が試みられる可能性も大です。
前述したように、視床痛、もしくは脳の痛みを伝える経路の脳梗塞で起きた中枢性の疼痛に、確立した治療法はないのです。
試行錯誤ということになるでしょう。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問