JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

高校を卒業したばかりの息子のことです。3年生になってクラスでいじめに会い、大学センター試験を含めて受験会場で腹痛を起

質問者の質問

千葉県の有名県立進学高校を卒業したばかりの息子のことです。3年生になってクラスでいじめに会い、昨年10月から授業に出席できなくなりました。始めは親として気付か過敏性腸症候群かなと思い、12月に近くの心療内科でメデぼりン錠0.4mgを処方していただきました。しかし、大学センター試験を含めて受験会場で腹痛を起こしたり、欠席したりでこの春から予備校の行く予定でした。初日に予備校のクラスでつらい時を思い出し家に閉じこもりとなりました。本人は大きな病院で入院してでも治したいと思っています。独立行政法人下総精神医療センターを知人から紹介されています。アドバイスを下さい。本人いわく薬を飲むと悪夢でうなされるとも言っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

誠に恥ずかしながら、相談者様が何をご質問なさりたいかが読解できません。

何について「アドバイスを下さい」と仰っているのでしょう?

恐れ入りますが、ご質問を箇条書きにしていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
大変失礼いたしました。
インターネットでこのサイトをたまたま目にしましたもので、親としてあわてふためき申し訳ざいませんでした。

質問内容
(1)現在の息子を見るに忍びなく、このいじめによるトラウマは入院して治療した方が良いのでしょうか。
(2)いろいろなサイトを見ますと、薬を使わない治療方法のメリット、薬の後遺症などの警告をするサイトなどがあり、親としてもどちらが良いのか判断が付きかねています。

取り急ぎ上記2点のご質問申しあげます。
質問者: 返答済み 5 年 前.
大変失礼いたしました。
インターネットでこのサイトをたまたま目にしましたもので、親としてあわてふためき申し訳ざいませんでした。

質問内容
(1)現在の息子を見るに忍びなく、このいじめによるトラウマは入院して治療した方が良いのでしょうか。
(2)いろいろなサイトを見ますと、薬を使わない治療方法のメリット、薬の後遺症などの警告をするサイトなどがあり、親としてもどちらが良いのか判断が付きかねています。

取り急ぎ上記2点のご質問申しあげます。
質問者: 返答済み 5 年 前.
大変失礼いたしました。
インターネットでこのサイトをたまたま目にしましたもので、親としてあわてふためき申し訳ざいませんでした。

質問内容
(1)現在の息子を見るに忍びなく、このいじめによるトラウマは入院して治療した方が良いのでしょうか。
(2)いろいろなサイトを見ますと、薬を使わない治療方法のメリット、薬の後遺症などの警告をするサイトなどがあり、親としてもどちらが良いのか判断が付きかねています。

取り急ぎ上記2点のご質問申しあげます。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
ご返信・追加情報ありがとうございました。

親御さんとしてのご心配はお察しいたしますが、率直に申し上げて、少々先走られてしまっているように思います。

(1) これは診断と重症度、ご自宅の環境、ご本人の意向や入院治療への向き・不向きといった複数の要素の組み合わせで決まります。また、医療機関ごとに入院の基準も異なります。まだ下総精神医療センターを受診もされておらず、そこでの診断も行われていない現時点で(現在メデポリンを処方している心療内科からはどのような診断を受けられているのでしょう?)、このご質問にお答えすることは、仮定に仮定を重ねることになり、困難です。

(2) これも診断と重症度いかんですが、現在の趨勢からすると、多かれ少なかれ薬物は使用されるでしょう。下総精神医療センターの医師ならば薬物療法の知識や技術は信頼をおいてよろしいかと存じます。疾患によって、薬物療法よりも心理療法が主治療の位置を占めるものもあれば、しっかりとした薬物療法が必要になるものもあります。
副作用の無い薬物はありません。薬物療法が行われるのはそのメリットがデメリットを上回ると判断された場合ですが、デメリットが0になることはないのです。今はインターネットで色々な情報が入ってきますし、精神科医のレベルも実際に低いので仕方が無い側面もあるのですが、このあたりは混乱される患者様、ご家族が少なくありません。
薬物療法が必要な疾患ならば薬物が用いられるべきですし、その場合は副作用や後遺症の懸念が皆無ではありません。しかしこれはあくまで診断に基づく薬物の必要性によって決まるものでです。「親としてもどちらが良いのか判断が付きかねています」とのことですが、親御さんが判断すべき事項では残念ながらありません。


「トラウマ」と「悪夢」という症状から推察するならば、ご子息に当てはまるかもしれない診断として「複雑性PTSD」が考えられます。
これは非常に新しい疾患概念でDSMでもまだ採用されていません。

従来、PTSDは「危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる」疾患であるとされ、児童虐待があっても、それが言葉の暴力によるものであった場合や、直接的に生命に危険が及ぶものではなかった場合、それをもってPTSDを発症するとは考えらえていませんでした。
つまり、モラルハラスメントやパワーハラスメント、DVやセクハラ程度ではPTSDは発症しないと考えられていたのです。これは、PTSDの研究が本格化したのが、ベトナム戦争従軍者の心のケアから始まっていることと無縁ではないでしょう。

しかし近年、長期の対人関係の外傷に起因する「複雑性PTSD」という概念が提唱されるようになり、認知されつつあります。
これには、「感情調整の障害、解離症状、身体愁訴、無力感、恥、絶望、希望のなさ、永久に傷を受けたという感じ、自己破壊的および衝動的行動、これまで持ち 続けてきた信念の喪失、敵意、社会的引きこもり、常に脅迫され続けているという感じ、他者との関係の障害、その人の以前の人格状態からの変化」といった症状が含まれるとされます。

ご参考まで:複雑性PTSD いじめ、嫌がらせおよび虐待された人生経験により引き起こされた心的外傷

もしもご子息がPTSDと診断された場合は、PTSD用のお薬はありませんので、症状ごとにお薬を用いざるをえず、必然的に多剤併用の処方となります。
同時に、専門的な心理療法も必要となるででしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お役にたちそうなサイトをみつけましたので紹介いたします。
「複雑性(心的)外傷後ストレス障害」
http://www1.kiwi-us.com/~skyearth/psy/Kakuron/C-PTSD.html

神経科 についての関連する質問