JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

95歳の母ですが、嘔吐や熱もなく、食欲もありますが、頻繁に下痢を繰り返しており、内視鏡の結果にも問題がなく、医師の処

質問者の質問

95歳の母ですが、嘔吐や熱もなく、食欲もありますが、頻繁に下痢を繰り返しており、内視鏡の結果にも問題がなく、医師の処方薬では下痢止めを中心としたもので改善が見られません。過敏性だと考えられます。夜間にも下痢を繰り返すのでレンドルミンを処方してもらったところ、夜間は下痢が止まっています。精神・神経的な対処はあるのでしょうか?お教えください。埼玉県 けんじ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

お母様はご高齢ですので、下痢の原因の診断には慎重を期するべきであると考えます。

ここでは、お母様の下痢が、過敏性腸症候群(下痢型)によるものだという前提で回答いたします。

過敏性腸症候群(下痢型)の場合、まずは止瀉剤(下痢止め)が試みられますが、既に処方され無効だったようですので、消化管運動調節薬である、ポリフル、トランコロン、セレキノンのいずれかが治療選択肢ということになります。
即効性はあまり期待できませんので、生活習慣の改善と食事療法(刺激物や脂肪分の多いものは避ける、線維質の多い食品や乳酸菌食品を意識して摂取する)と並行しながら経過を観察する必要があります。

また、内臓感覚や脳の過敏性を調整するため、あるいは自律神経失調症状や精神症状がみられる場合は、抗うつ薬や抗不安薬を用いる場合もございます。しかしこうしたお薬は、ご高齢の方では副作用が出やすい傾向がありますので、専門医のもとで慎重に投与される必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
返事が遅れました。ありがとうございます。先生からの処方薬は飲んでおらず、1か月以上ラックビー、タンナルビン、アドルビンを服用していますが、効果は見られません。一日に何回も下痢があり 、それも朝食時と夕食時に集中しており、定期排泄を促してさせていますが、その時には排泄せず、食事中又は食後に下痢となり、便意が閉まらず、10分ごとに少量が出ることが繰り返されます。本人は頭がクリアーなため、ショックが大きく落ち込みが激しいため意欲がなくなり、横になってばかりいます。他の持病は腎機能の低下が見られる程度です。何か対応策があればお教えください。あと、メコバラミン錠500を0.5服用しています。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

使われているお薬は、下痢止めとしては効果が穏やかなものばかりですが、お母様のお歳 を考えると内科的にも強いお薬は使うことがためらわれるのかもしれません。

お母様の下痢が精神科的なものであるという前提で回答していますが、ご記載のような下痢が続いているようだと電解質バランスが崩れ、脱水傾向にもなっていきますから、点滴による補正が必要になってきます。

精神科的にも外来では思いきった処方ができるとは思えませんので、精神科/心療内科がある総合病院に入院して、内科的に全身管理を行ってもらいながら精神科も併診する形をとれるのが理想的です。

その方向で病院を探されてみてはいかがでしょうか。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問