JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

頭痛について質問いたします。夕方から右側頭部がズキン、ズキンと痛むのですが(周期は今は比較的早く数秒~30秒です今日

解決済みの質問:

頭痛について質問いたします。夕方から右側頭部がズキン、ズキンと痛むのですが(周期は今は比較的早く数秒~30秒です今日の昼まではもっと長い間隔で痛みが来ていました)、痛みがひどい時は瞬間的に体がびくっとなります。今朝、脳神経外科でMRIを取り異常はないと診断してもらい、片頭痛 の薬(マクサルトRPD)を処方してもらいました、午後一度頭痛が出たため、服用しましたが効果がなく、夕方また、ひどくなったため2錠目を服用しましたが効果がなく、先ほどは右側頭から左頭上部にかけて感覚が鈍くなった感じです。痛みはこめかみのみと思い朝はそう報告しましたが、耳の上部付け根のすぐ上も抑えると痛みが出ています。頭痛は3日前から発生し、今朝通院したわけなのですが、異常がなく、頭痛薬を処方いただいたのですが飲んで効果がなく、今の状態が気になります。この時間なので通院する先も分からず質問をいたしました。何か対処を行った方がよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

既に緊急性:高のニーズは満たせなくなっているかもしれませんが、もしかしたら今後のためにお役に立てるかもしれませんので、もしよろしければ少し補足情報をいただけないでしょうか。

①まず、相談者様が片頭痛の診断基準を満たしているかどうか疑問があります。相談者様の症状は、以下に示される、国際頭痛分類第 2 版(ICHD- Ⅱ) の片頭痛の診断基準を満たすでしょうか。
http://www.jhsnet.org/GUIDELINE/2/2-1-2.htm
より具体的には、

D . 頭痛発作中に少なくとも以下の 1 項目を満たす
 1 .悪心または嘔吐(あるいはその両方)
 2 .光過敏および音過敏

B . 少なくとも以下の 1 項目を満たす前兆があるが,運動麻痺(脱力)は伴わない
 1 .陽性徴候(例えばきらきらした光・点・線)および・または陰性徴候(視覚消失)を含む完全可逆性の視覚症状
 2 .陽性徴候(チクチク感)および・または陰性徴候(感覚鈍麻)を含む完全可逆性の感覚症状
 3 .完全可逆性の失語性言語障害

C . 少なくとも以下の 2 項目を満たす
 1 .同名性の視覚症状 または片側性の感覚症状(あるいはその両方)
 2 . 少なくとも 1 つの前兆は 5 分以上かけて徐々に進展するかおよび・または異なが引き続き 5 分以上かけて進展する

といった、頭痛以外の症状もお持ちでしょうか?

②差し支えなければ、相談者様のご年齢を教えてください。

③受診された脳外科は、頭痛外来を標榜していましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

どうもありがとうございます

①該当しないように思います。吐き気、嘔吐はありません。視覚の異常も感じられません。言語障害はありません。頭痛以外の症状は感じません。

②40歳です

③脳腫瘍・くも膜下出血に関する診断、片頭痛、群発性頭痛、緊張型の頭痛の診断と治療を施される医院です。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

端的に申し上げて、診断基準を満たしていないのであれば、相談者様の頭痛は片頭痛ではない可能性が高いと思われます。
片頭痛では、何らかの刺激を受けた三叉神経からセロトニンという神経伝達物質が血液中に放出されて脳の血管が拡張し、同時に、拡張した血管が三叉神経を圧迫するため、動脈が脈打つたびに拍動性の痛みが起きます
セロトニンは全身のあちこち(特に胃腸)の働きを司る神経伝達物質であるため、セロトニンの放出が起こる片頭痛では、多かれ少なかれ、頭痛以外にも症状が認められるのです。
ちなみに、マクサルトRPDによる頭痛の抑制効果は、片頭痛発作が起きた30分以内に服用し、片頭痛が消失する率が70%、ですから、このお薬が効かなかったから片頭痛ではないと言い切れるほどのものでもありません。

一方で群発性頭痛、緊張型頭痛、後頭神経痛の診断基準や特徴も満たしませんから、いわゆる典型的な一次性頭痛ではなく、他の疾患に基づく二次性の頭痛が考えられます。
相談者様の場合、側頭下部~耳介部の頭痛ですから、ヘルペスや耳疾患、側頭動脈炎などの可能性もあります(ただし、側頭動脈炎は50歳以上で起こる病気なので除外されます)。

対処としては、頭痛外来を標榜する脳神経外科か神経内科を受診されて、頭痛の原因を特定することでしょう。
週末ですので、受診が難しい場合は、市販の一般的な頭痛薬を試し、それが効くかどうかを確認しておくことも診断の一助となります。

診断めいたことを申し上げられず恐縮ですが、ご記載に基づいて私が申し上げられることは以上です。

ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご連絡が遅くなりました。

どうもありがとうございます。病院を再訪し、片頭痛ではなく通常の頭痛薬を処方いただくことで頭痛が軽減しました。緊張、肩こり、目の疲れなどの影響もあるのではないか、とのことです。猫山先生のご回答の通り、二次性の頭痛であったようです。大変お騒がせいたしました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご承諾と、わざわざのご報告ありがとうございます。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです

神経科 についての関連する質問